このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第102回

PDF資料の全ページにロゴ画像やコピーライトを入れてみる

見栄えのいいワンランク上のPDF資料にする方法

2019年09月20日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第102回は、PDF資料の同じ場所にロゴ画像やコピーライトを入れてワンランク上のPDF資料にしてみる。

 プレゼン資料の全ページに企業のロゴ画像やページ数、日付、コピーライトが入っていると、見やすいし、何より見た目がいい。もちろん、手動で画像を挿入したりテキストを配置することはできるが、ページ数が多いと手間がかかりすぎる。今回は、資料の全ページに画像やテキストを挿入する方法を紹介しよう。

企業やブランドのロゴを表示させるには

 まずは、全ページの同じ場所に企業やブランドのロゴを表示してみる。「PDFを編集」モードにしたら、「背景」→「追加」をクリックする。背景画像を置換するという確認ダイアログが開くので、「背景の置換」をクリックする。パワーポイントから作成したファイルなどで表示されるが、実際に背景を設定して使い続けたい場合は置換すると消えてしまうので注意すること。その場合は、あらかじめ背景にロゴを入れた画像を作成して利用すればいい。

編集するファイルを開いたら、「PDFを編集」をクリックする
「・・・」メニューから「背景」→「追加」をクリックする
確認ダイアログが開いたら、「背景の置換」をクリックする

 「変更を追加」ダイアログが開いたら、「ソース」の「ファイル」にチェックして「参照」をクリック。BMP形式もしくはJPG形式の画像ファイルを指定する。PNG形式には対応していないので、その場合は「ペイント」アプリなどで画像形式を変更しておこう。

 画像を読み込むとまずは、画像中央に大きく表示される。絶対倍率の数字を調整して、好みの表示サイズにしよう。

 続いて、位置の調整を行う。「配置」の「上下からの距離」と「左右からの距離」を指定する。最初に、「基点」を選択しよう。右上に表示したいなら、「上」「右」を選べばいい。距離が0だとぴったり右上に表示されるので、少し離しておこう。数値の単位は、インチ/パーセント/センチメートル/ミリ/パイカ/ポイントから選べる。指定しやすい単位を選べばいいだろう。なお、パイカは1/6インチで、12ポイントとなる。

「ソース」の「ファイル」にチェックして「参照」をクリックする
画像ファイルが読み込まれる
「配置」で上下と左右の位置を調整する
全ページの指定した場所にロゴを表示できた

フッター機能でページ数やコピーライトを入れてみる

 ページ数やコピーライトを入れるなら、フッター機能を利用する。「PDFを編集」を開き、「ヘッダーとフッター」から「追加」をクリックする。

 左上・上部・右上に表示するヘッダーと、左下・下部・右下に表示するフッターの6ヵ所に任意の文字列を設定できる。ヘッダーやフッターの設定フォームをクリックした状態で、「ページ番号を挿入」をクリックすれば、ページ数を表示できるようになる。同様に、「日付を挿入」で作成日を追加できる。

 ヘッダーとフッターを大きく表示したいなら、フォントの「サイズ」を大きくすればいい。黒い四角マークをクリックすれば、色を変えることもできる。

「ヘッダーとフッター」から「追加」をクリック
フッターを設定し、「OK」をクリックする
ページ数や作成した日付、コピーライトが全ページの同じ場所に追加された

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】