このページの本文へ

東京ゲームショウ2019レポート第45回

「ラブプラス Every」の配信は11月! 魂斗羅、ウイイレ、PCエンジン miniと全方位なTGSコナミブース

2019年09月13日 22時45分更新

文● 馬波レイ 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月12日から15日まで幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。多数の展示で来場者を楽しませているコナミブースの模様をレポートしよう。

「eFootball ウイニングイレブン 2020」の対戦コーナー。初プレイアブルとなるモバイル版も出展されている

 開催初日の9月12日には、配信が長らく待ち望まれているスマートフォン向けゲーム「ラブプラス EVERY」のステージが実施され、配信日が11月に決まったことが明らかにされた。

 “ラブプラス EVERY Infomation”と題されたステージには、人気コスプレイヤーのえなこさんが登場。初代「ラブプラス」からのファンでカレシ(プレイヤー)として付き合っていたというマナカのコスプレで登場したえなこさんは、VRデートモード“ビーチでお昼寝”を体験しながら実況プレイを行なった。

 VRゴーグルを装着したえなこさんは、「すごい臨場感。(マナカが)目の前にいますよ! 何だこれは」と終始大興奮。自分が砂に埋められ身動きの取れない状態で水着姿のマナカが迫ってくるドキドキなシチュエーションを存分に楽しんでいた。

高嶺愛花のコスプレ姿で登場したえなこさん。この日のために髪色を黒に戻してきたと気合のほどを語った
VRデートを楽しむえなこさん。こちらは現在受付中の事前登録30万人突破で夏を待たずしてゲーム中に実装されるとのこと。急げ!

 12月11日には「ラブプラス EVERY」の主題歌「Can you feel me? ~私を見つけて~」のCDが発売されるとの情報も。これまでシリーズ作の主題歌も収録されるというから、ファンは要チェックだ。

 なお、コナミブースでは「ラブプラス EVERY」のイラストが描かれたトレーディング缶バッジがもらえる巨大ガチャが用意されている。一般日に参加する人は、公式Twitterアカウントをフォローの上でコナミブースへ向かおう。

「ラブプラス EVERY」のイラストが描かれたトレーディング缶バッジがもらえる巨大ガチャ

 9月26日に発売予定の「魂斗羅 ローグ コープス」は、協力プレイを体験できる試遊台を多数用意。もとより熱くてクレイジーなバトルで知られるアクションシューティングゲームな魂斗羅だが、試遊台の周囲にはマッチョガイたちが! 彼らに応援されながらのプレイは格別のものだ。

バリバリ撃ってドカドカ倒す。単純明快に爽快感を味わえる「魂斗羅 ローグ コープス」。時間内にミッションをクリアできればノベルティーのTシャツがもらえる
魂斗羅といったらミサイル! ということでブースにはミサイルを担いで撮れるフォトスポットも

 2020年3月19日に発売予定のPCエンジン miniのコーナーもアリ。PCエンジン miniに収録される全58タイトルを体験可能だ。

現在予約受付中のPCエンジン miniをひと足早く体験可能

 ほかにも、人気ゴシックホーラーアクションのモバイル版「悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls」や、コナミの人気音楽ゲームが基本無料で楽しめる「ULTIMATE MOBILE」など、気になるタイトルが多数用意されている。

「悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls」にはシリーズ歴代のキャラクターが集結。マルチプレイも楽しめる
パートナズコーナーにも多数のタイトルが。試遊が可能な「イースIX -Monstrum NOX-」は、朝イチから行列ができるほどの人気ぶりとなっていた

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ