前へ 1 2 3 次へ

東京ゲームショウ2019レポート

インテルのCPUとSSDでPCゲームを快適に!!

FRONTIERで買うべきゲーミングPC厳選6機種:TGS2019

文●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Core i9にRTX 2070を採用する超高性能ノートPC

ZNシリーズ FRZN910/ASC。直販価格は税込みで24万8184円。税抜きで22万9800円。

 ZNシリーズのFRZN910/ASCはティアリングなどの画面のズレを抑制するG-SYNCに対応した、15.6インチフルHD液晶搭載ゲーミングノートPC。Core i9-8950HKにGeForce RTX 2070を備えるパワフルモデルの割に、狭額縁デザインの採用でサイズは約359(W)×258(D)×29.9(H)mmと案外コンパクトだ。なお、メモリーは8GB×2で、ストレージは2TB HDDに32GBのOptaneメモリーと容量も速度も心配はいらない。

キーボードバックライトはユーティリティーソフトで1キーごとに1600万色で指定できる。ウェーブやスネークなどの点滅パターンもあり、細かな設定が可能だ。

液晶ディスプレーはG-SYNC対応かつ最大リフレッシュレート144Hzとだいぶ手が込んだ仕様だ。ベゼルも狭額縁デザインで没入感を高める工夫がなされている。

第9世代Core Hシリーズ・プロセッサー搭載モデル

GNシリーズ FRGN711。直販価格は税込みで15万984円。税抜きで13万9800円。

 GNシリーズのFRGN711は6コアのCore i7-9750HにGeForce GTX 1660 Tiと、ミドルハイの性能をバランス良く備える15.6インチフルHD液晶搭載機。メモリーは8GB×2で、ストレージは1TBのSSD660pを採用する。キーボードバックライトは15色で変更可能。

LNシリーズ FRLN710。直販価格は税込みで12万3984円。税抜きで11万4800円。

 LNシリーズのFRLN710は「FRGN711」と同筐体を採用する、15.6インチフルHD液晶搭載ゲーミングノートPC。CPUやメモリー構成も同じだが、GPUはGeForce GTX 1650、ストレージは512GBのSSD 660pに絞り、12万円台とかなりお手頃なモデルだ。

■関連サイト

提供:インバースネット

前へ 1 2 3 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月