東京ゲームショウ2018レポート

初心者からハイエンドゲーマーまで幅広く選べる6モデル

FRONTIER、東京ゲームショウ2018特別モデルを発売

文●行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TGS 2018 向け特別モデル

 インバースネットは9月14日、東京ゲームショウ2018の訪問者に向けて特別ゲーミングモデル6機種を発売した。

 全モデルとも第8世代インテルCore プロセッサーを採用、NVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載するなどグラフィックス性能も充実。初心者向けから中級者、ハイエンド機までラインアップ。

 エントリーモデルは10万円を切る価格のデスクトップPC「MXシリーズ」を用意、ミドルクラスでSSD搭載の「GAシリーズ」を、中級~上級ゲーマー向けにはゲームを高画質モードで楽しめると同時にゲーム実況動画の配信も行なえる高性能デスクトップPCを用意。また、省スペースPCやノートPCもラインアップ。

 価格はエントリーモデルの「MXシリーズ FRMXH310/ASC」の9万3744円より。FRONTIERダイレクトストアにて9月13日より発売している。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月