拡張性の高さが特長

AMD Ryzen 5 1600 AF搭載デスクトップPC「GXシリーズ」、FRONTIER

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

拡張性の高いデスクトップPC「GXシリーズ」

 インバースネットは5月18日、FRONTIERダイレクトストアにおいて、「GXシリーズ」より、AMD Ryzen 5 1600 AFを搭載したデスクトップPCの販売を開始した。価格は7万3700円。

 GXシリーズは、前面がメッシュ構造で、前後2つのファンを搭載する通気性に優れたPCケースを採用。5インチ外部ベイ×2、3.5インチ外部ベイ×2、3.5インチ内部ベイ×2、2.5インチ内部ベイを備え、拡張性に優れるとする。

 AMD Ryzen 5 1600 AFは、アーキテクチャーに第2世代Ryzenと同じ12nmの「Zen+」を採用した6コア12スレッドのCPU。ベースクロックは3.2GHz、ブーストクロックは3.6GHzと第1世代のRyzen 5 1600と同じだが、パフォーマンス向上と省電力化を実現したとする。

 マザーボードはチップセットにAMD B450を搭載し、コストパフォーマンスと安定性に優れたASUS「PRIME B450M-A」を採用する。

 その他主なスペックは、OSがWindows 10 Home 64bit、メモリーが8GB、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1650。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月