拡張性の高さが特長

AMD Ryzen 5 1600 AF搭載デスクトップPC「GXシリーズ」、FRONTIER

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

拡張性の高いデスクトップPC「GXシリーズ」

 インバースネットは5月18日、FRONTIERダイレクトストアにおいて、「GXシリーズ」より、AMD Ryzen 5 1600 AFを搭載したデスクトップPCの販売を開始した。価格は7万3700円。

 GXシリーズは、前面がメッシュ構造で、前後2つのファンを搭載する通気性に優れたPCケースを採用。5インチ外部ベイ×2、3.5インチ外部ベイ×2、3.5インチ内部ベイ×2、2.5インチ内部ベイを備え、拡張性に優れるとする。

 AMD Ryzen 5 1600 AFは、アーキテクチャーに第2世代Ryzenと同じ12nmの「Zen+」を採用した6コア12スレッドのCPU。ベースクロックは3.2GHz、ブーストクロックは3.6GHzと第1世代のRyzen 5 1600と同じだが、パフォーマンス向上と省電力化を実現したとする。

 マザーボードはチップセットにAMD B450を搭載し、コストパフォーマンスと安定性に優れたASUS「PRIME B450M-A」を採用する。

 その他主なスペックは、OSがWindows 10 Home 64bit、メモリーが8GB、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1650。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月