このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第625回

iPhone XSは鞆の浦、坂の上のお寺の夏猫たちを撮るのに最適

2019年08月31日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いつでも撮れる気軽さはスマホにかなわない

足元に座り込んだので左手で首筋を撫でながら右手でiPhoneで撮影。画面見ないで撮るのだけど何度も調整しながら繰り返せばなんとかなります。2019年8月 アップル iPhone XS

 前回に続いて鞆の浦で夏休みスペシャル。ここ数年、訪れると必ず立ち寄る場所がある。ちょいと階段を上るけれども、海に突き出た半島のような高台にあるお寺で眺めもよく、でも観光客はそれほど多くないという穴場的なスポットだ。

 そこへの表参道となる階段の途中に、こんな看板がある。このあたりの地域猫を世話してる人がいて、募金箱を設置しているのだ。

猫を世話してる方が設置したと思われる募金箱。数年前より進化してカワイクなっていた。2019年8月 アップル iPhone XS

 つまり、猫と出会える確率が高いところなのである。今までここで猫と会えなかったことはない。だがしかし、午前7時15分、境内までえっちらおっちらと上ってみると、人も猫もいない。ただ、蒸し暑い静寂が漂うのみである。

 まあしょうがない。眺めの良い高台なので境内をちょっと散歩し、本堂へ通じる階段の途中、ちょうど日陰になっている場所に座って手ぬぐいで汗を拭い、生ぬるくなりかけたペットボトルのコーヒーを飲みながらiPhoneをいじっていると、どこからともなく視界に入ってくるヤツがいる。キジトラがとことこと上ってきたのである。思わず手に持ってたiPhoneで撮影。こちらから1mくらい離れた場所を上っていく。

とっさのとき、手に持っている機器にカメラが付いてると強いなあといつも思うのであった。まだ子猫に毛が生えたような若い猫である。2019年8月 アップル iPhone XS

 この子キジトラ、そのまま本堂へ上っていくかと思いきや、座ってるわたしのすぐ横にやってきてごろんと転がってくつろぎはじめたのだ。

階段の隅にころんと転がって顔を洗ってる子猫の姿とかもう反則。わたしのこと気にしないで顔を洗ったり毛繕いしてるのでゆっくりレンズを交換してふわっとした若猫写真を狙ってみた。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 めちゃ観光客に慣れてるのだな。15分ほどごろごろしたりわたしと遊んだのち、本堂に向かうのでそっと追いかけてみると、石のかめから器用に水を飲んでいるのだった。

身体を伸ばして水を確認したあと、上に飛び乗って飲んでおりました。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン