このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第520回

プレミアムバスチー8月20日発売

ローソン話題の「バスチー」がリッチに! チーズがさらに濃く

2019年08月06日 17時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プレミアムバスチーとは!?

 「バスチー」。耳慣れない人もいるかもしれませんが、ローソンで販売されている“バスク風チーズケーキ”のことです。レアでもない、ベイクドでもない新感覚スイーツ(関連記事:ローソン期待の新スイーツ「バスチー」)。

 今年3月26日の登場から現在(7月29日時点)までで、18週連続デザートの売上高1位を維持。累計販売数は1900万個を突破するという記録的ヒットに。

ヨーロッパのバスク地方で広く食べられているチーズケーキを参考にしたという新しいタイプのスイーツ「バスチー」。今年3月26日に販売され一躍ヒット。215円。

 商品の好評を受け、8月20日に「プレミアムバスチー」が登場します。320円。

 激売れのバスチーのプレミアム版とは!? コンビニスイーツがどんどん進化するので興奮しちゃいます。少し先の発売ですが、ローソンが開催した試食会でいち早く食べてきましたよ。

・「プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ」320円
 8月20日発売

 こちらが「プレミアムバスチー バスク風チーズケーキ」。北海道産生クリームとクリームチーズにパルメザンチーズを加え、濃厚な味わいに仕立てたとのこと。ナッツとクリーム、焦がしカラメルソースをトッピングしています。

 ふつうのバスチーと比べると、値段が215円から320円にアップしていますので、贅沢さが増していますね。

いち早く食べてきました。
いただきまーす!

 口に入れるとねっとりとした食感と共にまろやかなチーズの味わいが広がります。濃厚、とろり。たまらないです。

 “レア”の舌にからみつくような質感と、“ベイクド”の濃厚さの両方を楽しめるのがバスチーの魅力。焼き工程の温度を上火、下火で変えることで、中側のなめらかな食感と表面の香ばしさとの両方を生かしているそう。

ナッツのカリカリ食感がアクセント。本格的なご褒美スイーツへ進化しています。

 さらにプレミアムバスチーでは、パルメザンチーズもプラスされ、チーズの風味がさらに深く、濃厚な味わいとなり、高級感を高めています。

 さらに、生クリームのふわっとした質感や、焦がしカラメルのビター感でグッと重層的な味わいに。ナッツの食感が特徴的で、カリッカリとした食べごたえがアクセントとなって、濃厚なのに最後まで飽きずいただけました。後味にはチーズのまろやかさとビターさが残る大人の味わいです。

 ふつうのバスチーは食べようと思えばワンハンドでもいけるお手頃感もありましたが、トッピングが加わったことで本格的なご褒美スイーツへ進化した様相ですよ。

 残念なのが表面の焼きめが見えなくなったこと。バスチーというとベイクドチーズケーキのような焼きめが特徴でしたが、プレミアムではクリームで覆われています。視覚的にはキャラメルスフレケーキのようなイメージ。もちろん、見た目的にこれはこれでリッチなのでアリ。

 「プレミアムバスチー」の登場は8月20日。コンビニスイーツ好きは必ず食べ欲しいローソンの渾身の一作です。発売が少し先ですがおさえておきましょう!


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメやっています.情報募集中→【Twitter】【Facebook】

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧