このページの本文へ

ASRock「Z390 Phantom Gaming X」

発売延期だったASRock製ハイエンドマザーがついに発売

2019年07月31日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 輸送時の問題により発売が延期されていた、Z390搭載のASRock製ハイエンドマザーボード「Z390 Phantom Gaming X」が発売された。

輸送時の問題により発売が延期されていた、Z390搭載のハイエンドマザーボード「Z390 Phantom Gaming X」。ここにきてようやく販売開始

 PhantomシリーズのZ390搭載マザーボードとしてはゲーミング向けのハイエンドに位置する製品。デジタル14電源フェーズ設計やXXL アルミニウム合金製ヒートシンク、プレミアム60Aパワーチョーク、Dr.MOS、プレミアムメモリー合金チョーク、Combo Caps、ニチコン製12Kブラックコンデンサーなどを電源回路に採用する。

 そのほか、メタルバックプレートやM.2ヒートシンクアーマー、高密度電源コネクター、15μゴールドコンタクトを採用するDIMMスロットとVGA PCIeスロット(PCIE1)という豪華装備も特徴する。

メタルバックプレートやM.2ヒートシンクアーマーを備えるなど、見た目にも豪華な仕様になっている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4266+(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3200(OC)/2933(OC)/2800(OC)/2666/2400/2133MHz、最大128GB)という構成。

あそびを持たせケース取付時の干渉を防ぐプレマウントI/Oシールド「Flexible Integrated I/O Shield」を採用。搭載ケースを選ばない

 オンボードインターフェースとして、2.5ギガビットLAN(Realtek Dragon RTL8125AG)、ギガビットLAN×2(intel I219V + intel I211AT)、Wi-Fi 6 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5 (intel)、サウンド(Creative Sound Blaster Cinema 5)、M.2×3、SATA3.0×8、USB 3.1 Gen2×5(Type-A+Type-C)、USB 3.0×8、USB 2.0×3などを装備。グラフィック出力機能としてDisplayPort 1.2、HDMI 1.4bを備える。

 価格は4万8384円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中