このページの本文へ

シチズン アテッサ4万通りAT8040をカスタマイズできるサービス

2019年07月04日 14時30分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
完成イメージ

 シチズン時計は7月4日、「AT8040」シリーズをカスタマイズして購入できる「ファイン・チューニング・サービス(以下、FTS)」を開始した。

 AT8040シリーズは、光発電エコ・ドライブや日中米欧電波受信機能をそなえる「シチズン アテッサ」のベストセラーモデル。

 FTSは、「針の色が変えられたらうれしい」「別モデルの革バンドを組み合わせてみたい」という利用者の要望に応えるため、機能はそのままに、バンドはもちろん文字盤や針などの細かな部品のカスタマイズができるようにしたとのこと。

 組み合わせ可能な要素は、文字盤のカラーバリエーションが10種類、ケース/ベゼルが8種類、見返しリングが2種類、時針/分針が5種類、秒針が10種類、バンドが5種類(メタルバンド2色、革バンド3色)と、計4万通りにもおよぶ。ひとつの時計につき、ひとりの技術者が組み立ての全工程を担当し、受注から約2週間で購入者の手もとに届くという。

 販売は専用オンラインストアにて。また、下記店舗にてパーツの組み合わせ体験ができる。一部店舗では販売も開始し、取り扱い店舗は順次拡大予定。

 ・シチズン フラッグシップストア 東京(GINZA SIX 1階、7月4日からサンプルのみ展示予定)

 ・ムーヴ マルイシティ横浜店(7月12日~8月6日、ポップアップショップにて販売予定)

 ・オンタイム各店舗(7月中旬以降順次販売予定)

カテゴリートップへ