このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第294回

ディスプレー内蔵型:

アップル、Touch ID搭載iPhoneを中国で計画中?

2019年07月05日 19時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルがディスプレーに指紋認証センサーを内蔵したTouch ID搭載新型iPhoneを、中国市場向けに発売する。複数の中国系メディアが7月1日に報じた。

 中国メディアによると、価格を重視する中国市場向けにアップルはFace ID用のセンサーを省き、代わりにTouch ID機能を搭載したやや価格を抑えたiPhoneを計画しているという。

 ただし、アメリカのアップル系メディアの多くはこのうわさをあまり信じていない。というのも搭載されるTouch ID用の指紋認証センサーは、ディスプレー下に内蔵するタイプになると伝えられているからだ。

 Face IDの代わりにディスプレー内蔵型の指紋認証センサーを搭載してもコストが低くなるとは考えにくい。仮に発売されるとしても、中国市場に限定されることはないのではないだろうか。

 個人的には両方を搭載してくれると、ベッドで横になっているときなどFace IDが認証しづらい状況でも指で認証できて助かるのだが……。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中