このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第44回

Apple Watchアプリの時代が来る:

アップル「Swift UI」が注目される理由

2019年07月02日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mac ProとProDisplay XDRが登場したアップルのWWDC19。おそらく多くの一般の人が手に入れる可能性は極めて低いのですが、やはりアップルから新しいハードウェアが登場すると、会場内もストリーミングを見ている人たちも、盛り上がるものです。

 Macラインアップについて1つ触れたいのは、T2チップの存在。Mac ProにもT2チップが搭載されたことで、T2チップがないMacとして取り残されているのは、実はiMacのみとなりました。

 T2もしくはその後継となる独自チップを搭載するiMacの登場が待たれますが、A10レベルの処理能力を備えるT2の次世代版が登場するならA11やA12と同等の性能を備えて機械学習処理の特化したニューラルエンジンがついてくるはず。

 となると、そのニューラルエンジンの処理能力を活用するFace IDも利用できるようになるわけで、iMacにTrueDepthカメラの顔認証対応モデルが登場することへの期待を持っています。今年なのか来年になるのかは分かりませんが。

 さて、今回の本題はWWDCの本題とも言える開発環境についてです。今回も各OSで様々な拡張がありましたが、中でもアップルのアプリ開発そのものの変革がありうるのが、SwiftUIです。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン