このページの本文へ

篠原修司のスマホうわさ情報局PLUS第48回

iOSとAndroidの両方で:

任天堂、ドクターマリオワールド7月10日配信へ

2019年06月19日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 任天堂は6月18日、スマートフォン用パズルゲーム「ドクターマリオワールド」の配信を7月10日より開始すると発表した。

 本作は任天堂が1990年に発売した落ち物パズルゲームのスマホ向けバージョン。赤、青、黄色のカプセルを操作し、同じ色をタテかヨコに3つ揃えてウイルスを消す。すべてのウイルスを退治すればステージクリアとなる。

 スマホアプリとしての特徴は、カプセルに残数が設定されている点だろう。クリアできない場合はゲーム内通貨(おそらくは有償)を消費して、カプセルの残数を増やせる仕組みだ。

 「ドクターマリオワールド」はiOSとAndroidの両方で配信予定。基本プレイ無料のアイテム課金制。LINEと共同開発している。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ