このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第144回

コスパが魅力のOPPO「AX7」はメイン端末として使えるか?

2019年06月10日 12時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デュアルカメラで手軽に背景ボケを楽しめる

 OPPOはカメラに力を入れているメーカーです。AX7アウトカメラは約1300万画素+約200万画素(深度計測用)。インカメラは約1600万画素。エントリーモデルとしては上々のスペックです。

アウトカメラで景色を撮った作例

夜景を撮ると、画質はやや粗くなる

食べ物もいい感じで撮れた

 アウトカメラは「ポートレート」モードで撮ると、背景をやわらかくぼかして、人物が際立つ写真が撮れます。また、「ポートレート」モードは人物ではなく、物を撮ったり、景色を撮ったりするときにも有効。見栄えがしない背景をぼかしたいときにも重宝しそうです。

アウトカメラの「写真」モードで撮影した作例

「ポートレート」モードで撮ると、背景をぼかせる

「ポートレート」モードで花を撮った作例

 インカメラは、AIによって顔をきれいに補正してくれる機能があります。性別や年齢を解析し、その人に合った補正が行なわれるようで、筆者のようなおっさんにも有効な機能だと感じました。5歳くらい若く見えるように補正される印象です。また、インカメラはシングルレンズですが、デジタル処理によって背景をぼかせます。

インカメラでセルフィーを撮る際は「AI」に設定すると「スマート美顔」の補正が適用。上のしずく型のアイコンをタップすると、背景ボケが有効になる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン