このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート 第38回

アキバで売れまくっているNoctuaファンにカラバリや後継モデルが登場?

2019年06月03日 00時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2019のNoctuaブースリポートのラストは、ケースファンの新製品。人気モデル「NF-A12x25」シリーズの最新版や、開発中の気になるモデルを紹介しよう。

「NF-A12x25」シリーズのカラバリモデルが準備中。ブラウン系が苦手という人にはうれしいニュース

 アキバで売れまくっているファンといえば「NF-A12x25」シリーズ。高い工作精度で話題の120mmファンは、ここ最近では一番の人気ファンとなっている。

 展示されていたのは「NF-A12x25」シリーズのカラーバリエーションモデルで、お決まりのブラウン系ではないブラック+ホワイトのサンプル。ファンスペックは魅力だが、ケースをはじめ他のパーツとの組み合わせで、どうしてもブラウン系が苦手はという人にとって、選択肢が増えた点は朗報だろう。発売は来年の予定。

基本スペックは変わらず。ブレードとフレームの隙間がわずか0.5mmという、高い工作精度も健在だ

 もうひとつは、待ってましたという人も多そうな「NF-A12x25」シリーズの140mmモデル「Next generation 140mm A-series fan」。ようやくサンプルが出てきた人気製品の140mmタイプだが、残念ながら発売は未定。まだまだ製品化には時間がかかりそうだ。

やっぱり出てきた「NF-A12x25」シリーズの140mmモデル。発売は・・・当分先の模様

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中