このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第6回

MacBook Proに対抗

NVIDIA、クリエイター向けのノートPCプラットフォームStudio発表

2019年05月28日 10時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAは27日、COMPUTEX TAIPEI 2019に合わせて開催された基調講演で、クリエイターの能力と信頼性を大幅に向上させるためのプラットフォーム、NVIDIA Studioを発表。同時にStudioノートに認定されたPCを公開した。

クリエイター向けのノートPCプラットフォームNVIDIA Studioを発表

 Studioノートには、Quadro RTX 5000、4000、3000およびGeForce RTX 2080、2070、2060のいずれかが搭載されている。このGPUに、専用のSDKとドライバーを組み合わせ、厳しいテストに合格した製品だけがStudioノートと認められる。

 これにより、デスクトップクラスの性能を必要とするリアルタイムレイトレーシング、AI処理ならびに高解像度ビデオの編集がノートPCでできるようになる。

Studioノートの多くには、4KディスプレーとMax-Qテクノロジーが実装されている。Quadro RTX 5000を搭載するノートPCは、MacBook Proの最大7倍の性能を持つという

 Studio SDKを導入すると、レンダリング、ビデオの編集と処理、2Dベクターアニメーションなどが高速化する。また、CUDA-X AIプラットフォームを利用することにより、画像のアップスケールや写真のタグ付あるいはビデオのカラーマッチングといった時間のかかる、繰り返しの作業をAIを使って自動化できるようになる。

 最新のStudioドライバーは、Autodesk Maya 2019やAutodesk 3dsMax 2020、Blackmagic Design DaVinci Resolve 16、Daz3D Daz Studioなどの主要なクリエイティブアプリケーションに対応している。

 Studioノートは、Acer、ASUS、Dell、GIGABYTE、HP、MSI、Razerから6月に発売される予定だ。価格は1599ドルから。

Studioノートは、Acer、ASUS、Dell、GIGABYTE、HP、MSI、Razerから6月に発売される予定だ。価格は1599ドルから
Studioノートであることを示す認定シール

会場に展示されていたStudioノート

Razer Blade 17 Studio EditionRazer Blade 15 Studio EditionHP Omen 15
MSI WS75MSI WS65MSI P75 Creator
MSI P65 CreatorGIGABYTE AERO 15 OLEDAcer ConceptD 7
Acer ConceptD 9ASUS StudioBook W700G3TASUS StudioBook W500

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン