このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート 第6回

MacBook Proに対抗

NVIDIA、クリエイター向けのノートPCプラットフォームStudio発表

2019年05月28日 10時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAは27日、COMPUTEX TAIPEI 2019に合わせて開催された基調講演で、クリエイターの能力と信頼性を大幅に向上させるためのプラットフォーム、NVIDIA Studioを発表。同時にStudioノートに認定されたPCを公開した。

クリエイター向けのノートPCプラットフォームNVIDIA Studioを発表

 Studioノートには、Quadro RTX 5000、4000、3000およびGeForce RTX 2080、2070、2060のいずれかが搭載されている。このGPUに、専用のSDKとドライバーを組み合わせ、厳しいテストに合格した製品だけがStudioノートと認められる。

 これにより、デスクトップクラスの性能を必要とするリアルタイムレイトレーシング、AI処理ならびに高解像度ビデオの編集がノートPCでできるようになる。

Studioノートの多くには、4KディスプレーとMax-Qテクノロジーが実装されている。Quadro RTX 5000を搭載するノートPCは、MacBook Proの最大7倍の性能を持つという

 Studio SDKを導入すると、レンダリング、ビデオの編集と処理、2Dベクターアニメーションなどが高速化する。また、CUDA-X AIプラットフォームを利用することにより、画像のアップスケールや写真のタグ付あるいはビデオのカラーマッチングといった時間のかかる、繰り返しの作業をAIを使って自動化できるようになる。

 最新のStudioドライバーは、Autodesk Maya 2019やAutodesk 3dsMax 2020、Blackmagic Design DaVinci Resolve 16、Daz3D Daz Studioなどの主要なクリエイティブアプリケーションに対応している。

 Studioノートは、Acer、ASUS、Dell、GIGABYTE、HP、MSI、Razerから6月に発売される予定だ。価格は1599ドルから。

Studioノートは、Acer、ASUS、Dell、GIGABYTE、HP、MSI、Razerから6月に発売される予定だ。価格は1599ドルから

Studioノートであることを示す認定シール

会場に展示されていたStudioノート

Razer Blade 17 Studio Edition

Razer Blade 15 Studio Edition

HP Omen 15

MSI WS75

MSI WS65

MSI P75 Creator

MSI P65 Creator

GIGABYTE AERO 15 OLED

Acer ConceptD 7

Acer ConceptD 9

ASUS StudioBook W700G3T

ASUS StudioBook W500

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン