このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第512回

計測機器の販売で急成長し海外進出を果たしたHP 業界に多大な影響を与えた現存メーカー

2019年05月27日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5つの基本的な価値観と
7つの会社の目的

 ちなみにThe HP Wayの方はいつそれが明確に示されたのかははっきりしないが、こちらは5つの基本的な価値観と7つの会社の目的、それと4つの行動指針から構成されるものだ。まず5つの基本的な価値観とは以下のとおり。

  • 1. 我々は、従業員一人一人を信頼し、尊敬する
  • 2. 我々は、高いレベルの成果と貢献を重視する
  • 3. 我々は、誠実をモットーとするビジネスを行なう
  • 4. 我々はチームワークを大切にして、共通の目標を達成する
  • 5. 我々は柔軟性と革新性を奨励する

 7つの会社の目標(*)は、以下のようになっている。

  • 1. Profit(適正な利益)
  • 2. Customer loyalty(顧客からの尊敬と信頼の獲得)
  • 3. Market leadership(市場でのリーダーシップ)
  • 4. Growth(成長)
  • 5. Employee commitment(従業員へのコミットメント)
  • 6. Leadership capability(リーダーシップの発揮)
  • 7. Global chitizenship(良き市民)

(*) The HP wayによれば、当初Customer loyaltyはField of Interest(事業分野)だったし、Leadership capabilityはOrganization(組織)と表現されているが、途中でかわかりやすい言葉に変えたのかもしれない。いずれにしても意味は変わらない。

F.L. Moseley Companyを買収
後のプリンター部門に

 ただこうした価値観や指針は、中央集権的な組織とはなじまないのも明白である。それもあって1958年にHPは早くも事業部制度を導入し、事業部への権限委任を図る。

 1957年の新規上場株式の後で、HPはサンディエゴにあるF.L. Moseley Companyの買収を決める。同社は1935年創業の、高品位なグラフィックレコーダーを製造販売しているベンダーであった。

今で言えばプロッターに分類されるものであるが、当時は他に適当な名称もなかったし、グラフで記録するものだからグラフィックレコーダーと称するのは間違いではない

 当時HPの測定器には、連続的に記録する機能がなかったため、長時間記録を取りたいような場合にはこうしたレコーダーを連携させる必要があり、この買収は理にかなったものだった。のみならず、ここからHPのプリンター部門が生まれることになるわけで、その点でも重要な買収だったと言える。

 ちなみに買収金額は150万ドルで打診され、これを200万ドルに増額して買収している。当初は、同社の株の80%を買収して子会社化している(残り20%は創業者のFrank Moseleyが保有していたが、1964年にこの20%も買収、Moseley部門としてHPに吸収された)。

 このMoseley部門は1968年にサンディエゴ部門に改称され、プロッターからスタートして熱転写プリンターやインクジェットプリンターなどを手掛けることになる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン