このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

私→WRC ― 第4回

梅本まどかちゃんは骨折でお休み

茂原の女王が唐津ラリーでクラス2位を獲得!

2019年05月08日 19時00分更新

文● 板倉麻美 撮影●中島正義 編集●スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新城の興奮から早くも次戦唐津に参戦

 こんにちは! ひょんなことからJAF全日本ラリー選手権にシリーズ参戦して、将来的にWRCを目指すことになったみぃっこ姉さんこと、板倉麻美です。

 ラリーデビューである新城ラリーが無事(?)に終わったのも束の間、すぐに次戦がやってきました。前回の新城の記事はコチラを見てね!(関連記事

 今回はJAF全日本ラリー選手権第3戦「ツール・ド・九州 in 唐津」です。

 と、その前に残念なお知らせが。本来この唐津は、コドライバーの梅本まどか選手と組んでの初ラリーとなる予定でしたが、ラリー前週にまどかちゃんが取材中のアクシデントで右肘を骨折してしまったため、新城ラリーで組んだ蔭山選手へ急遽コドライバー変更……、という波乱のスタートになりました。

 まどかちゃん、怪我がはやく治ることを祈ってます(5月現在、ほぼ治っています)。

ラリーウィークは腹ごしらえからスタート

 話をラリーに戻すと、まず木曜日から移動スタート。チームはトレーラーでラリーカーを唐津まで運ぶ車両搬送組と、飛行機で福岡空港→レンタカーで唐津入り組に別れて移動します。

 私は飛行機→レンタカー組です。普段クルマ移動ばかりで飛行機に乗る機会があまりなくて、ちょっと緊張です。羽田空港にも久しぶりに来ました。

 ダブルダイヤモンドを自慢してくるマイラーなチーム監督の松井さんに洗脳され「私もマイル修行しようかな……」と思い始めたころに福岡空港到着。空港前のレンタカーでプロボックスを借りて一路唐津へ。実はプロボックスに乗るが初めてだったので、ちょっと興奮しちゃいました。そして、1時間ちょっと走るともう唐津です。

 まず立ち寄ったのは、唐津におけるラリー関係者の心の癒し「井手ちゃんぽん」(いきなり食べ物の話でスイマセン)。満腹になりながら特製ちゃんぽん小盛りを平らげた私も、晴れて全日本ラリー関係者の仲間入りかしら? サービスパークから近いこともあって、ジャンキーになると木金土日のラリーウィークに3度4度も通うようです。しゅごい……。

 金曜日はレッキ(試走)&公式車検日です。前回の新城ラリーでは本番用ラリーカーでレッキをしたのですが、今回は全クルー主催者用意のレンタカーを使います。

 今回使用するコースは全部で5つ。この5コースを数回順走したり逆走したりを繰り返し、スペシャルステージとして14コース設定されています。

 クルーたちは金曜日にレッキしてペースノートを作るのですが、私はまだこれが正直苦手なのです。ノートの完成度が高ければ高いほど正確にアタックできるので、なるべくたくさんの情報を詰め込みたいのですが、コーナーの深さを考えるだけで精いっぱい。コーナーが連続しているところだとフリーズすることもしばしば。実はラリー本番よりも気分的に大変なのです。

 ベテランコドライバーの蔭山さんに助けられつつ、なんとかレッキを終えてサービスパークに戻るとヴィッツCVTちゃんは無事に車検も終えて準備万端。クルーはそのまま救急救出訓練を受けます。

 万が一、林道でクラッシュしてしまった場合、後続する選手同士で助け合わないといけません。ラリーカーから意識を失ったクルーを運び出し、心臓マッサージや人工呼吸をする訓練を受けます。これまで私も知らなかったし、一般にもあまり知られていないかもしれないけど、公道を使用するラリーでは安全意識もとても高いです。

 金曜日はこんな感じ。応援&チームPRのために合流した梅本まどかちゃんやチームのみんなと一緒に唐津名物であるイカ刺しを食べて終了です。ご当地グルメは、日本全国を転戦する楽しみのひとつだなーと、イカの甘みを噛み締めながら就寝。

 緊張のためあまり眠れなかったけど、ついに土曜日Leg1が来てしまいました。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ