このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第243回

約1000円のコストアップ:

アップルiPhone、クアルコムへのライセンス料1台9ドル?

2019年04月24日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

photo:Andreas Dantz

 アップルはクアルコムとiPhoneへのチップセット供給合意に至ったことを発表したが、そのライセンス料の負担は小さくないようだ。

 米メディア「AppleInsider」が入手したスイス最大の銀行UBSによるリサーチノートによると、ライセンス料はiPhone1台あたり8ドルから9ドルになる見込みだという。このライセンス料が価格に反映されることは想像に難くない。

 アップルはiPhoneのコスト削減を続けているものの、有機ELディスプレーがサムスン独占であることや、今回のライセンス料負担などを考えると、iPhoneの価格は良くて現状維持になるのかもしれない。できれば少しでも値下がって欲しい。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中