このページの本文へ

アップルmacOS使いこなし術第15回

macOS Mojave、不要通知をオフにして使いやすくしよう!

2019年02月18日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 macOSの「通知センター」は、タスクやスケジュール、天気予報や株価など様々な通知を表示する便利ツールです。しかし、通知が多すぎて煩わしく感じることもあると思います。今回は、Macの通知センターで不必要な通知をオフにする方法を紹介します。

さまざまな情報を知らせてくれる「通知センター」

 まずは通知センターを起動しましょう。画面右上の通知センターアイコンをクリック。

 通知センターが起動しました。

 通知センター右下にある環境設定アイコンをクリック。

 通知の環境設定ウインドウが表示されました。

 アプリごとに通知スタイルを変更できます。「なし」は、通知が非表示になります。「バナー」は、通知が一時的に表示されます。「通知パネル」は、通知が表示され、操作するまで表示されたままになります。

 今回は、通知を非表示にしたいので「なし」をクリック。

 任意のアプリの通知が非表示になりました。

 不必要な通知をオフにすることで、必要な情報のみを表示できます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中