このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣のkintoneマスターへの道第74回

担当者を割り振るアプリに1人しか設定できないよう制限してみる

2019年02月08日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイボウズ社が提供しているウェブサービス「kintone」は、一言で言うなら「簡単に自社の業務に適したシステムを作成できるクラウドサービス」だ。業務アプリを直感的に作成できるほか、社内SNSとしての機能も備えスピーディーに情報共有ができるなど魅力が盛り沢山だ。
本連載では、そんなkintoneの導入から基本機能の紹介、そしてアプリの活用法など、ビジネスの現場で役立つ情報を取り上げていく。第74回では、担当者を割り振るアプリに1人しか設定できないように制限してみる。

イベント管理アプリを運用する際、担当者は必ず1人になるようにしてみる

 イベント管理などのタスクを日時や集客目標などの情報とともに、担当者に割り振るアプリを作った時に、ちょっと制限をかけたいことがある。責任の所在を明確にするために、そこまで大きくないタスクの担当者は1人にしておきたいのだ。とはいえ、担当者フィールドを設置すると、何人でも追加できてしまう。もちろん、運用ルールとして、掲示板にでも書いておけばいいのだが、見逃してしまう人が出るかもしれない。そこで、今回は「ユーザー選択」フィールドに1人しか選択できないようにしてみよう。

このようなイベント管理アプリを運用する際、担当者は必ず1人になるようにしてみる

 担当者を1人にする機能は標準では用意されていない。JavaScriptを利用する必要があるのだが、筆者はコードを書けない。そこで、例のごとく「cybozu developer network」を活用させてもらうことにする。

 「cybozu developer network」は、デベロッパーのコミュニティーで、APIに関するドキュメントやサンプルプログラムなどの情報共有が行なわれている。アカウントを作成すれば、開発者に質問することも可能。上級者への登竜門でもあるが、筆者はまだ読むだけにとどまっている。しかし、さまざまなTipsが公開されており、それだけでもとても役に立つ。kintoneユーザーでコードが書けない人でも、目を通しておくことをオススメする。

今回は「cybozu developer network」の「ユーザー選択パーツに1人だけ選べるように制御してみる」という投稿からJavaScriptを使わせてもらった

 サンプルが公開されているページの中ほどにある「ソースコード」をコピーし、メモ帳などのテキストエディターにペーストする。そのまま文字コードをUTF-8にしたうえ、「sample.js」などのファイル名で保存すれば準備完了だ。

ソースコードをコピーする
テキストエディターにペーストする
文字コードをUTF-8に設定して保存する

 「設定」から「JavaScript/CSSでカスタマイズ」を開き、PC用のJavaScriptファイルの「アップロードして追加」をクリック。作成したファイルを読み込み、「保存」してアプリを更新すればいい。

 これで試しに登録したところ、1人だと問題なしで、2人以上だとエラーが出て保存できなくなった。担当者フィールドを「必須」にしていれば、必ず1人の担当者を設定できるようになった。

「設定」から「JavaScript/CSSでカスタマイズ」を開く
作成したJavaScriptファイルを読み込む
アプリを保存する
担当者に2人追加して保存しようとするとエラーになる
担当者を強制的に1人にできた

前へ 1 2 次へ

この連載の記事