このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第87回

プレゼン用PDFで動画を再生して理解度を深めてもらう

プレゼン用PDFの途中で動画を再生する方法

2019年01月21日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第87回は、プレゼン用PDFの途中で動画を再生してみる。

 プレゼンする際、スライドの中で動画を再生し、理解度を深めてもったり、アイスブレイクに使うことがある。PowerPointで動画を埋め込んだ資料を作成し、PDFに変換すれば、PDFファイル内でも動画を再生できるので手間はかからない。

 とはいえ、動画を埋め込めないソフトやサービスを使ってスライドを作った場合は、Acrobat DC側で動画を追加する必要がある。今回は、プレゼン用PDFの途中で動画を再生する方法を紹介しよう。

いい感じのデザインを作れるサービスで作ったスライドをPDFファイルで保存し、Acrobat DCで読み込む

 まずは、動画を埋め込むページを表示し、「リッチメディア」の第2ツールバーを表示する。「ビデオを追加」をクリックしたら、再生領域を選択する。スライドの特定領域でもいいし、全画面表示でもいい。選択するとファイルを指定するダイアログが開くので、「参照」をクリックして動画を選択する。「コンテンツの縦横比に合わせてスナップ」にチェックし、「OK」をクリックすればいい。

動画を埋め込みたいページを開き、「その他のツール」をクリックする
「リッチメディア」をクリックする
第2ツールバーから「ビデオを追加」をクリックする
表示したい領域を選択する。今回は全画面にした
「参照」をクリックしてファイルを選択し、「OK」をクリックする

前へ 1 2 次へ

この連載の記事