このページの本文へ

アップルmacOS使いこなし術第4回

macOS Mojaveの時計をアナログ表示にカスタマイズするワザ

2019年01月07日 10時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Macを使用中に時刻を知りたくなったら、右上に表示された時計を確認すると思います。この時計表示、実はカスタマイズできます。今回はディプレイの時計表示を変更する方法を紹介します。

ディスプレイの時計

設定画面を開く

 画面左上の「アップルマーク」→「環境設定」をクリック。

 「日付と時刻」をクリック。

 「日付と時刻」の設定ウィンドウが表示されました。

 ウィンドウ上部のタブの右端にある「時計」クリック。

 設定画面が表示されました。ここから、時計表示をカスタマイズできます。

24時間表示と12時間表示の切り替え

 「24時間表示にする」のチェックボックスからチェックを外します。時計が12時間表示に切り替わります。

デジタル時計からアナログ時計に切り替え

 「アナログ時計」をクリック。時計がデジタル時計からアナログ時計に切り替わります。

チェックボックスをクリック

時計を非表示にする

 「ウィンドウをスッキリさせたい」などの理由から、日付と時計を非表示にしたい方がいるかもしれません。そんな場合は、「メニューバーに日付と時刻を表示」のチェックボックスをクリックし、チェックを外しましょう。

その他のカスタマイズ

 他にも、デジタル時計に秒数を表示させたり、時刻内の「:」を点滅表示させたり、細かいカスタマイズが可能です。各チェックボックスをクリックして、チェックを入れることで変更が適用されます。

 時計の表示をカスタマイズすれば、今よりもMacが使いやすくなります。さらに、ディスプレイを自分仕様にすることで、今よりもMacに愛着が湧くかもしれません。ぜひ試してみてください。

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中