このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第24回

おざなりな本人確認がなりすましの餌食に:

PayPay不正利用が厄介なワケ

2018年12月18日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PayPay周りがまたも騒がしい。

 12月13日に、わずか10日間で「100億あげちゃうキャンペーン」が終了した矢先、今度は、PayPayでのクレジットカード不正利用騒動が勃発したのだ。

 「PayPayでのクレジットカード不正利用」といっても、PayPayからクレジットカードの情報が流出したというわけではない。

 もともと流出していたクレジットカード番号を何者かがPayPayに登録し、本人になりすましてビックカメラで商品を購入。クレジットカード番号を盗まれた人に請求が届き、不正利用されていたことが発覚したという話だ。

 一部報道によれば不正利用された人はPayPayのユーザーではない。クレジットカードで買い物をしようとしたら限度額いっぱいになっており、調べてみたら「PayPayで使われていたことが発覚した」という顛末だったようだ。

 なぜこのようなことが起きたのか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン