このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ウェブ漫画家のやしろあずきさんと、ハイテンション動画クリエイターのからめるさんも絶賛

人気ワコムペン付属お絵かきタブレットに10型モデル登場、スペック向上

2018年12月14日 07時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
筆圧感知ペン付きお絵かきタブレット「raytrektab」の10インチモデルが発表

 サードウェーブは12月13日、新製品発表会を開催し、筆圧感知ペン付きお絵かきタブレット「raytrektab」の10インチモデル「raytrektab DG-D10IWP」を発表した。12月25日から、同社のウェブ直販サイト「ドスパラ」や全国店舗で販売開始予定で、価格は7万9800円。

「raytrektab DG-D10IWP」

ユーザーの要望にこたえてディスプレーを大型化&スペックアップ

サードウェーブの大内 実氏が登壇

 raytrektabは、2017年4月に8インチのお絵かきタブレットとして販売。発表会で登壇した同社の大内 実氏によると、8インチを販売後ユーザーからディスプレーの大型化とスペックアップ化の要望があり、raytrektab DG-D10IWPの開発が決定したという。

大内氏は、8インチモデルは4万9800円とリーズナブルな価格で買えるお絵かきタブレットとして好評だったが、スペックやディスプレーサイズ、解像度などはおさえめだったと説明
ユーザーからの要望により、ディスプレーサイズとスペックをスケールアップしたモデルを開発したという
サイズはおよそ幅245×奥行9×高さ176mmで、重さは約657g

 前述したとおり、raytrektab DG-D10IWPは8インチモデルと比較してディスプレーが大型化し、スペックアップしたのが大きな特徴。主な仕様は、Celeron N4100(1.1GHz)、8GBメモリー、128GB SSDという構成。Windows 10 Homeを採用しているため、オプションでカバー兼用キーボードを追加すればノートパソコンのようにも使用できる。

外出先でも使えるように、カバンに入れて手軽に持ち運べるサイズに保ったとのこと
オプションでカバー兼用キーボードを追加すれば、ノートパソコンのようにも使用できる

 また、8インチモデルで好評だったというワコムの「Wacom feel IT technologies」に対応した筆圧感知ペンも、raytrektab DG-D10IWPでは4096階調に進化し、さらに書き心地を向上。ディスプレーの大型化に合わせて、解像度も1920×1200ドットにスペックアップしている。

4096階調の筆圧感知ペンが付属

 そのほか、インターフェースはUSB Type-C端子(給電兼用)、マイク入力/ヘッドフォン出力端子を装備。Windows Hello対応の指紋認証センサーも搭載している。8型モデル同様、「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」のシリアルコードが付属する。

主な特徴
インターフェースはUSB Type-C端子(給電兼用)、マイク入力/ヘッドフォン出力端子を装備
ドスパラ各店およびウェブ通販サイトで販売先着100名に「CLIP STUDIO PAINT」の3ヵ月ライセンスと公式ガイドブックをプレゼントするキャンペーンも実施
発表会が開催された東京アニメセンター in DNPプラザでは、地下1階の「FUN’S PROJECT」ブースでのraytrektab DG-D10IWPの展示・タッチアンドトライが可能になる予定だ
FUN’S PROJECTは、クリエイターを目指す人を対象に学びをサポートするオンライン動画学習サービス。また、FUN’S PROJECT MARKETでは、デザインテンプレートを選択して、じぶん好みのグッズを作成して購入できる

前へ 1 2 次へ

関連サイト
コンテンツ