このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

前モデル「raytrektab DG-D08IWP」に比べてスペックが大幅に向上

お絵描きに最適な「raytrektab」、イラスト制作だけでなくタブレットとしても快適

2019年01月25日 07時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「raytrektab DG-D10IWP」のWindowsタブレットとしての性能をチェック

 イラスト制作に最適なWindowsタブレット「raytrektab DG-D10IWP」。前モデルの「raytrektab DG-D08IWP」と比べて、CPUやメモリーなどをスペックアップした本機は、イラストだけではなく通常のWindowsタブレットとしても活用できる。

 タブレットなので3Dグラフィックスの処理などは厳しい部分もあるが、ビジネスユースで使った場合の実力などはどうだろうか。今回は定番のベンチマークテストを実施し、全体的な性能を検証してみた。

前モデルからスペックアップし、通常のタブレット利用もより快適に

 raytrektab DG-D10IWPのスペックについてCPU-Zを用いた結果は下記の通り。メモリーはDDR4のSDRAMで、GPUはインテル HD グラフィックス 600となっている。

「raytrektab DG-D10IWP」のスペック
「raytrektab DG-D10IWP」のメモリー「raytrektab DG-D10IWP」のGPU

 CrystalDiskMarkでSSDのリード/ライト速度を計測した結果は下記の通りだ。前モデルがフラッシュメモリだったのに対しSSD搭載になった分、快適に使える速度になっている。

CrystalDiskMarkの計測結果

前へ 1 2 3 次へ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ