このページの本文へ

手軽に使えてイラスト作成に

お絵かきタブレット「raytrektab」に10型モデルが登場

2018年12月13日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「raytrektab(10インチモデル)」

 サードウェーブは12月13日、筆圧感知ペン付きタブレット「raytrektab(レイトレックタブ)」より10型モデルを発表。12月25日に発売する。

 「raytrektab(10インチモデル)」は、CPUにインテルCeleron N4100を採用、液晶は1920×1200ドットでWacom feel IT technologies デジタイザー(4096階調)に対応する。メモリーは8GB、ストレージは128GB SSDを内蔵し、指紋認証センサーやUSB Type-C(給電兼用)なども装備。

「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」が標準でバンドル

 本体サイズはおよそ幅245×奥行き176×厚み9mm、重量およそ657g。価格は7万9800円。筆圧感知機能付きペンや液晶保護フィルム、ACアダプターのほか、セルシス「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」が標準でバンドルされる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ