このページの本文へ

10.1型で解像度は1920×1200ドットに、CPUもAtomからCeleronに

お絵かきタブレット「raytrektab」、サイズ&スペックアップで使いやすく

2018年12月25日 07時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「raytrektab DG-D10IWP」

 タブレットで絵を描くというニーズに重点を置き、筆圧感知ペンやペイントソフトをバンドルしたことで、絵師を中心に話題となったサードウェーブの「raytrektab」。そのスペックをパワーアップした「raytrektab DG-D10IWP」が登場した。12月25日より順次出荷開始予定だ。

 従来モデルの「raytrektab DG-D08IWP」と比べ、CPUはAtom x5-Z8350からCeleron N4100、メモリーも4GBから8GB、ストレージも64GB eMMCから128GB SSDになった。今回は、より快適に使えるスペックとなったraytrektab DG-D10IWPの外観などについて解説する。

ディスプレーサイズが大きくなり、よりお絵かきしやすくなった

ディスプレーは10.1型と大きくなり、解像度も1920×1200ドットに

 raytrektab DG-D10IWPは、およそ幅245×奥行176mmで、B5サイズに近い。前モデルに比べて一回り大きくなった。8型だったディスプレーが10.1型と大きくなったためで、その分、解像度は1920×1200ドット表示が可能となった。絵を描くのにディスプレーは大きいほうがよく、解像度が高くなった分スクロールが少なくなり、拡大して見るのも楽だ。

 画面とは反対に、厚みはraytrektab DG-D08IWPのおよそ10.1mmから9mmへと薄くなっているが、薄すぎて持ったときに不安な感じはない。重さは657gとなっており、しっかりとした重みを感じる重量だ。持ち運びは問題ない重さだが、片手に持ったまま長時間使うと少々疲れるかもしれない。基本は机に置いての使用が想定されるが、電車の中でちょっと使うなどであれば問題ない。

 本体裏面は金属で、とくに飾りなどがないシンプルな形状。右上についているウェブカメラは500万画素で、200万画素だったraytrektab DG-D08IWPよりスペックが上がっている。フロント側のウェブカメラは200万画素となっている。

raytrektab DG-D10IWPの裏面はすっきりしているデザイン

 インターフェース類は最低限必要なものだけのシンプルな作り。本体左側には給電兼用のUSB 3.0(Type-C)が1基とボリュームボタン、電源ボタン、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子、microSDメモリカードスロットが搭載されている。microSDメモリーはSDXC対応で容量は128GBまで。スロットにはカバーがついているので、ホコリなどの侵入を防げる。

raytrektab DG-D10IWPの左側面にUSB 3.0(Type-C)、ボリュームボタン、電源ボタン、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子、microSDメモリカードスロットを搭載

 本体下部にも端子が用意されており、こちらはオプションのカバー兼用キーボードを接続すれば、ノートパソコンのように使用できる。なお、Bluetooth 5.0に対応しているため、Bluetoothキーボードの利用も可能だ。

カバー兼用キーボードに接続するための端子を配置

  ストレージは128GBのSSDとなったので、ストレスのない高速な操作ができ、さらに容量が増えたのはうれしいところだ。どうしても足りないときにはmicroSDメモリーを活用するといいだろう。

 ACアダプターは小型となっており、持ち運ぶのにも便利だ。また、指紋認証センサーがついているのでセキュリティ面も安心な作りとなっている。

標準でついてくるACアダプター。小型なのでカバンにいれて一緒に持ち運びやすい

ワコム製で4096階調の筆圧感知ペンが標準装備

 raytrektab DG-D10IWPには、イラストを描くのに適したワコム製のデジタイザーが付属している。このデジタイザーは、4096階調の精細な筆圧を感知する仕様となっている。

raytrektab DG-D10IWPに付属するワコム製デジタイザー。持った感じは鉛筆に近い

 デジタイザーは細身で、ペン先も細い作りになっている。重さはたったの5gと軽く、持ち続けて使っても疲れない。使ってみた感触は紙とペンそのものという感じで、こうしたペンを使った経験がない人でも違和感なく使えるだろう。

 raytrektab DG-D10IWPにはペイントソフトの「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」がバンドルされており、デジタイザーペンと合わせて、まさに絵を描くのに最適な構成となっている。次回は、タブレットとしての使い勝手や、実際に絵を描いてみたレポートなど紹介する。

raytrektab DG-D10IWPの主なスペック
CPU インテル Celeron N4100(1.10GHz~2.40GHz/4コア/4スレッド)
GPU インテル UHDグラフィックス600(CPUに内蔵)
メモリー 8GB DDR4
ストレージ 128GB SSD
ディスプレー 10.1型(1920×1200ドット)
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
デジタイザー ワコム製デジタイザーペン
インターフェース USB3.0 Type-C×1(給電兼用)、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子×1、microSDカードスロット
サイズ およそ幅245×奥行176×高さ9mm
重量 約657g、ペン約5g
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ