このページの本文へ

4KUHDの画面で資料を鮮明に表示

VAIOとBenQが提携 電子黒板「VAIO Liberta」を販売へ

2018年11月01日 21時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOとBenQ Corporationは11月1日、電子黒板事業で提携し、「大型インタラクティブ・フラットパネル(IFP/電子黒板)」を「VAIO Liberta(バイオリベルタ)」として法人向けに販売すると発表した。受注開始は11月20日。

左からVA6501K(65型)、VA7501K(75型)、VA8601K(86型)

 販売するモデルは、「VA6501K(65型)」「VA7501K(75型)」「VA8601K(86型)」の3製品。4K UHDの高精細な画面でCAD画面やプレゼンテーションの資料などを鮮明に表示できるほか、VGAやHDMI、DisplayPortなどのインターフェースに対応したことで幅広いデバイスとの互換性を確保。マルチペンに対応し、10人まで同時に書き込めるなど円滑なコミュニケーションを実現しているという。

 さらにLAN内画面共有機能で多人数での共同編集、遠隔拠点との打ち合わせが可能とする。そのほか、メール送信、印刷機能、クラウドサーバー保存機能、アカウント管理機能も搭載しているとのこと。VA6501Kの価格は60万~75万円前後、VA7501Kは75万~90万円前後、VA8601Kは100万~130万円前後。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ