このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

VAIO A12/VAIO Pro PA発表会レポート

VAIO好調、二桁の増収増益、新機軸PC「VAIO A12」の開発でビジネスを拡大

2018年11月14日 09時38分更新

文● 小山安博 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは11月13日、経営方針説明会と新製品発表会を開催した。

 対前年比で2桁増の増収増益を果たしたことで、ソニーからの独立における復活シナリオの「第1フェーズは完遂した」(吉田秀俊代表取締役)。PC事業が好調なほか、EMS事業が順調に推移したことが奏功した。さらに、「構想3年、開発2年」という2in1 PCの新製品「VAIO A12」(個人向け)と「VAIO Pro PA」(法人向け)を発表し、さらなるビジネスの拡大を図っていく考えだ。

経営方針と新製品を発表したVAIO。中央は吉田秀俊代表取締役。右は執行役員の林薫氏、左は商品企画担当の黒崎大輔氏
左が新発表された「VAIO A12」。右はVAIO A12の「ALL BLACK EDITION」

 VAIOは、ソニーのPC事業を分離する形で独立し、国内市場に注力する形でPC事業を展開してきた。国内PCの事業では、2017年からモバイルノートのラインアップを充実させることで、事業を拡大できた。特に法人需要は同30%増と好調で、収益の押し上げに貢献した。

売上、利益ともに2ケタ成長となる増収増益で過去最高益を達成
売り上げ拡大にはPC事業が貢献したほか、EMS事業も順調に拡大した

 2017年は「VAIO S11」「VAIO S13」「VAIO S15」の各シリーズの投入でラインアップを拡充。2018年はこのラインアップの進化に加え、「VAIO True Performance」(4コアCPUの性能をより発揮できる、VAIO独自チューニング)や「VAIO Premium Edition」(標準モデルとは異なるカラバリの提供)と、付加価値を高める方向での製品を投入しており、いずれも好評だった。

既存のラインアップの強化に加え、付加価値を高めた製品を投入

 キッティングなどの導入支援などの法人サービスなど、付加価値の拡大も順調に推移。さらに、海外でも強い「VAIOブランド」の展開を再開した、2015年には2ヵ所だった展開国が、2018年には12ヵ国まで増えたことも収益に寄与した。

法人向けPC販売だけでなく、法人ビジネスも拡大した
海外展開もさらに強化。欧州には「来年早々にも展開する」(吉田氏)という

 EMS事業はロボティクス事業を中心に出荷台数が2.5倍へと急拡大し、ビジネスが軌道に乗った。新たにスタートしたソリューション事業は、まずはVR事業がスタートし、東映らと協業したVRCCなどを展開。当初の想定通りの稼働率・来場者数を確保したとしており、来春をめどに第2弾を検討したい考えで、今後のさらなる拡大で安定した収益へと育てたい考えだ。

EMS事業は大幅拡大
スタートアップから大企業まで、さまざまな企業が利用している

 そうした結果、売上高は前年比10.8%増となる214億8800万円。営業利益は前年比13.9%増となる6億4800万円となり、過去最高益を実現した。一方、説明会後にIPO(株式上場)の可能性について聞かれた吉田氏は、「いまは上場より先にやることがある。事業構造をきちっとすることだ。当面は短期、中期の仕込みに注力したい」とカブトの緒を締めた。

VR事業はまだスタート段階

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン