このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東京ゲームショウ2018レポート第22回

TGSで「ラブプラスEVERY」や「ハイパースポーツR」などコナミの新作タイトルを体験

2018年09月21日 21時30分更新

文● 関口敬文 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京ゲームショウ2018のコナミブースでは、「ラブプラスEVERY」や「ウイニングイレブン」、「遊戯王」など同社の看板タイトルの新作展示だけでなく、パートナーメーカー日本ファルコムのタイトルも展示。

 また、一般公開日の23日(日)は、「ウイニングイレブン 2019」の国内最強チーム決定戦(10時10分~)と「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! - スペシャルトークショウ」(13時45分~14時15分)が開催される。

試遊コーナーにかなりのスペースを割いているのがうれしい

今年も大人気! スマホでカノジョたちに会える

ラブプラスEVERY
●対応機種:iOS、Android
●発売日:未定
●価格:未定

試遊機は10台用意されているが、ビジネスデイ初日は開場直後から待機列を形成していた。体験したいカレシのみなさんは、急いでコナミブースに行こう

 シリーズ最新作「ラブプラスEVERY」は、「いつでも、どこでも。カノジョに会える。」がコンセプトのスマホ用タイトル。

 本作からの新機能「カノジョカード」は、成長させると専用ボイスや衣装チケットがもらえる。イメージとしては、育成要素のような感じだろう。また、もうひとつの新機能「カノジョプラス」は、VRゴーグルに対応したモバイル版ならではのモード。カノジョたちの衣装を自由に変更し、思う存分ふたりだけのデートを楽しめる!

試遊すればカノジョたちのうちわがもらえる。絵柄は高嶺愛花ちゃん、小早川凛子ちゃん、姉ヶ崎寧々ちゃんの3種類だ

2020年を待たずに自宅でスポーツの祭典を体験できる

ハイパースポーツR
●対応機種:Nintendo Switch
●発売日:未定
●価格:未定

やり投げはコントローラーを「やり」に見立てて、「えいやっ!」と投げるとゲーム内の「やり」が飛んでいく。大勢で遊んだらゼッタイに楽しいヤツだ!

 Nintendo Switch用タイトル「ハイパースポーツR」は、実際の競技のように身体を動かして楽しめるスポーツゲーム。試遊台では「100m走」と「走幅跳」、「やり投げ」を体験できる。

 プレイした全員にオリジナルノベルティーの「定規」がプレゼントされる企画は、おっさんゲーマーはクスッと笑ってしまうにくい演出! また、各種目で新記録を出した方にはTGS限定のオリジナルTシャツがプレゼントされる。

オリジナルTシャツゲットを目指して、全力でプレイすべし

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ