このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2018レポート第52回

女性を虜にした「VRカレシ」にスマホ版「Vカツ」と盛りだくさん!TGSのIVRブースレポ

2018年09月26日 12時30分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IVRのブースの正面は、VTuber支援サービス「Vカツ」のスマホ版の体験。そして、そのVカツで作成したキャラクターをHTCの「VIVE」を使いVR上で確認できるコーナーとなっていた

 東京ゲームショウ2018のAR/VRコーナーにて、ひと際女性の注目を集めたのがIVRの「VRカレシ」。ビジネスデー初日から整理券がすぐになくなるという人気ぶりで、女性陣の心をわしづかみにしていた。

ブースでは、コンパニオンの女の子がVカツのシールを配布していた

 VRカレシは一体どんな内容なのか、このコンテンツの魅力は男が体験しても伝えづらいと考え、アスキー編集部のつばさに体験してもらって、その様子を伝えたい。

IVRブースの裏側にレンガ造りのおしゃれなカフェのようなブースが用意されていた
ブース横には等身大?のポップが。どうやらこのイケメンがVR内に登場するようだ
体験部屋にはイケメンのスタッフが待っていた。今までVRといえば、ホラーばかり体験させられてきたつばさもこれには思わず笑顔

 TGSでの体験では、外から帰ってきたプレイヤーをカレシが向かい入れてくれるという内容になっているようだ。そして、疲れて帰ってきた貴方に、オムライスを作ってくれるという。

 プレイヤーは体験前にiPadで名前を入力。すると、ゲーム内のオムライスには自分の名前が書かれて出てくるのだとか。これにはつばさも大興奮。音声はバイノーラル録音というわけではなく、ゲーム内に立体的に配置することで、演出に合った音を再現しているという。

VRカレシはスマホを使った簡易VRで楽しむコンテンツ。体験者には、ブースで使用された紙で作られた組み立て式のVRヘッドセットがプレゼントされた
体験中の様子。VRでバーチャルなイケメンに癒され、現実に返ってきてもリアルなイケメンが、というニクイ演出

 VRカレシの配信日は未定だが、正式版では体型、髪型、肌の色、筋肉量、服装などが設定できるとのこと。キャラクターカスタマイズできるゲームは数多くあるが、筋肉量まで設定できるというのは珍しい。ムキムキな筋肉好きな人にまで満足のいくコンテンツになりそうだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事