このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

JBL肩掛けスピーカーはソニー・BOSEよりヘッドフォンライク

2018年05月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オープンエア型ヘッドフォン進化形か?

 さて首かけ式スピーカー、何を選べばいいのか、これではっきりした。

 ソニーは低遅延がウリ。今は品薄で不当に高いし、まったく買いどきではないが、ゲームをやるならソニー一択。そのための専用ワイヤレス仕様だ。音場の広さも抜きん出ていて、左右ユニットの外側にも定位を感じるくらい。もちろん大画面での映画鑑賞にももってこいだ。問題は低域の再現性で、震えるだけで音と結びつかない低域は、映画の効果音には良くても、音楽には不自然。そしてBluetoothじゃないのでスマートフォンと無線でつながらない。

 Bluetoothがいいと言うなら、BOSEかJBLということになる。外に持ち出すなら、防滴仕様でグニャグニャ曲げられるBOSEに分がある。カバーは取り外し可能で洗濯もできるし、着脱も楽だ。行き届いたリサーチには感心するばかり。しかし価格が高い。公式通販価格は3万4560円。そしてBOSEの音が嫌だと言う人もいるだろう。

 だったらJBLが安い。実は、肩掛け式スピーカーには、これだという利用シーンがなかなかない。音漏れしかしないヘッドフォンのようなものだから、家族のいるリビングや、深夜の映画鑑賞には使いにくい。ならばヘッドフォンの方がマシだし、個室で使うならスピーカーでいいということになる。

 でも、ヘッドフォンにはない音場感があり、またスピーカーのように三角形の頂点にいなくても、満足感が得られる。それがSOUNDGEARを使う動機になると思う。つまり音場感が改善されたオープンエア型ヘッドフォンのようなもの。できれば夜、自室で使いたい。だから起動音、あれをはやくなんとかしてほしい。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

四本 淑三(よつもと としみ)

北海道の建設会社で働く兼業テキストファイル製造業者。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン