ASCII倶楽部

このページの本文へ

アスキー格安SIM通信速度比較 ― 第58回

3月平日21日間の計測データ平均値公開

3月の通信速度は「OCN、nuro、mineoの3強」人気格安SIM12回線速度比較

2018年03月31日 17時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3月1日~3月31日までのうち、平日21日間で計測した格安SIMの通信速度を大公開。本稿は特別に全ての読者様が全文お読みいただけます。

 格安SIMや格安スマホを使う人が日々増えています。格安SIM最大のメリットは、「月額料金を安く抑えられる」ということ。しかし、格安SIMにしたことで、通信速度が遅くなったなどという後悔する声もあるのも事実。

 auやドコモ、ソフトバンクに比べて格安SIMの通信速度は、時間帯によっては不安定になり、満足にネットの閲覧や動画の視聴などができないことも……。しかも、通信速度というのは実際に使ってみないとわからないものなのです。

 そこで、アスキーの会員サービス「ASCII倶楽部」では、人気のある格安SIM12回線を独自に契約し、平日毎日12時、15時、18時の3つの時間帯で格安SIMのデータ通信速度を計測しています。計測開始したのは1月19日からで、本稿では3月(内、平日21日間)に計測したすべてのデータの平均値を公開いたします! 平日毎日計測した21日分のデータを基にした通信速度平均値なので、この記事を読むことで「〇〇の格安SIMの通信速度はおおよそこれくらいなのか」ということがわかります。

 もちろん、通信速度は利用環境や使っているスマホ端末などによって異なりますので、あくまでも参考としてお読みくださいませ。

 格安SIMの通信速度を測定するにあたって、ASCII倶楽部では以下のレギュレーションを設けています。

格安SIM通信速度測定レギュレーション

調査場所:東京都千代田区飯田橋(アスキー編集部)
調査時間:12時、15時、18時
調査方法
1、速度測定には「Google スピードテスト」を使う
(グーグル検索で「スピードテスト」と検索すると利用可能)
2、各調査時間でSIMごとにそれぞれ5回ずつ計測し、中央値を算出する
本記事では各5回それぞれのデータも掲載しています
使用端末:ASUS「ZenFone Live」

※注意※
この調査方法および調査結果はアスキー編集部独自の内容です。通信環境、使用端末などの条件により通信速度が変わるため、実際の速度を保証するものではございません。

測定する格安SIM事業者

IIJmio
ドコモ回線

BIGLOBEモバイル
ドコモ回線

OCNモバイルONE
ドコモ回線

LINEモバイル
ドコモ回線

mineo
ドコモ/au回線

DMMモバイル
ドコモ回線

nuroモバイル
ドコモ回線

UQモバイル
au回線

Y!mobile(ワイモバイル)
ソフトバンク回線

b-mobile
ドコモ回線

楽天モバイル
ドコモ回線

3月:格安SIMデータ通信速度計測平均値

  12時(下り/上り) 15時(下り/上り) 18時(下り/上り)
IIJmio 0.49Mbps/6.98Mbps 12.0Mbps/8.74Mbps 1.30Mbps/6.80Mbps
BIGLOBEモバイル 0.36Mbps/9.26Mbps 6.64Mbps/12.1Mbps 4.67Mbps/11.7Mbps
OCNモバイルONE 0.35Mbps/13.4Mbps 27.5Mbps/12.6Mbps 2.10Mbps/12.0Mbps
LINEモバイル 0.36Mbps/13.8Mbps 7.49Mbps/13.6Mbps 0.75Mbps/13.4Mbps
mineo(ドコモ) 0.25Mbps/8.30Mbps 25.8Mbps/12.5Mbps 0.85Mbps/9.14Mbps
mineo(au) 0.28Mbps/5.73Mbps 9.22Mbps/6.51Mbps 0.79Mbps/5.94Mbps
DMMモバイル 0.53Mbps/6.38Mbps 13.7Mbps/8.50Mbps 13.5Mbps/6.71Mbps
nuroモバイル 0.48Mbps/12.0Mbps 27.4Mbps/13.2Mbps 3.73Mbps/9.65Mbps
UQ mobile 7.99Mbps/6.52Mbps 10.4Mbps/6.62Mbps 10.7Mbps/7.72Mbps
Y!mobile 15.6Mbps/8.82Mbps 13.3Mbps/10.9Mbps 13.3Mbps/10.0Mbps
b-mobile 1.40Mbps/14.1Mbps 1.83Mbps/13.6Mbps 1.42Mbps/13.4Mbps
楽天モバイル 0.41Mbps/13.0Mbps 2.90Mbps/13.2Mbps 0.95Mbps/13.0Mbps
最大値 15.6Mbps/14.1Mbps 27.5Mbps/13.6Mbps 13.5Mbps/13.4Mbps
最小値 0.25Mbps/5.73Mbps 1.83Mbps/6.51Mbps 0.75Mbps/5.94Mbps

大きく差があるのは15時の下り通信速度

 上記の表は、3月の平日に各時間帯で計測して算出したデータの中央値を3月の平日全21日間で平均化したもの。主に注目していただきたいのは、「下り(ダウンロード)」の数値です。下りの通信速度は、ネットの閲覧や動画視聴をする際に必要な速度のこと。この速度の値が高ければ速くて快適、逆に速度の値が低ければ遅い、ということです。

 表見れば一目瞭然ですが、12時と18時台はほとんどの格安SIMが遅く15時台は20Mbpsを超える格安SIMもあるのです。

 格安SIMはそれぞれのサービスごとに、キャリアから帯域を借りてサービスしています。ただし、借りている量や格安SIMごとの利用者数は異なります。そのため、借りている量が多かったり、その借りている量に対して利用者が少ない(=利用者にとっては潤沢なサービス)であれば、通信速度は速くなります。また、時間帯によって格安SIMを利用している人の数も変わり、その数が多いと回線は混雑するため、通信速度は遅くなるという現象が起きます。

 つまりは、通勤帰宅時やお昼休みはスマホを使う人が多いため、格安SIMでの通信速度は遅くなりがち……。一方で15時などのスマホを使う人が比較的少ない時間帯は、格安SIMでも高速データ通信が可能なのです。

 大きく差が出る15時台の下り通信速度上位5回線のランキングはこちらです。

格安SIM15時台 下り速度ランキング
1位:OCNモバイルONE(27.5Mbps)
2位:nuroモバイル(27.4Mbps)
3位:mineo(ドコモプラン)(25.8Mbps)
4位:DMMモバイル(13.7Mbps)
5位:Y!mobile(13.3Mbps)

 なかでも20Mbpsを超えたのは「OCNモバイルONE」「nuroモバイル」「mineo(ドコモ)」の3回線。これだけの速度があれば、動画も比較的高画質で視聴ができるはず。ネットなども不都合なくサクサク楽しめるでしょう。

格安SIMの選び方は通信速度だけではない

 格安SIMを使ったり選んだりするときに、通信速度はかなり大きな要素なのは間違いありません。スマホを使うときに必要なのはデータ通信なので、それが遅いのでは満足できないこともしばしば。しかし、通信速度だけで契約する格安SIMを選んでいいのか、と言われると正解とは言い切れないものです。

 まず、基礎知識として覚えておいていただきたいのは、一部を除いたほとんどの格安SIMは月額料金は同じくらいということ。たとえば、音声通話SIM(080や090で始める電話番号を使った通話ができるSIM)で、毎月使えるデータ通信容量が3GBのプランの場合、月額基本料金は1600円前後です。月額料金は音声通話が可能か否か、データ通信容量によって金額は変動します。ただ、どの格安SIMも基本的には同じ程度の金額ということを覚えておいてください。

 それでは格安SIMごとに一体何が違うのでしょうか。大きく分けると2種類あります。ひとつは「新規契約者向けのキャンペーン」。もうひとつは「追加で加入するとオトクなオプションプラン」です。

 前者であるキャンペーンというのは、新規契約者を主に対象として、月額料金を一定期間割り引くキャンペーンや、一定期間継続して使い続けることで現金のキャッシュバックを受け取れるなどのものです。

mineoが実施しているキャンペーン。新規契約から半年間、月額料金が900円割引に

 後者のオプションプランというのは、10分電話かけ放題や、TwitterやFacebook、インスタグラムなどを使う際に消費するデータ通信容量をカウントしない(=無制限)、YouTubeの動画見放題などのものです。加入すると月額料金に数百円から1000円程度別途で加算されますが、これらをよく使う人におってはオトクな内容です。とくにYouTube見放題の格安SIMは時代が時代なだけあって加入している声を聞きます。

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」。YouTubeをはじめとするさまざまなサービスを使い放題になるオトクなオプション

 通信速度ももちろん大事ですが、自分がスマホで何をするのかを考えてキャンペーンやオプションで契約するのが正しい格安SIMの選び方なのかと思います。

ASCII倶楽部では平日毎日、最新の格安SIM通信速度がわかる!

 ASCII倶楽部では、平日毎日格安SIMの通信速度を計測しています。その日に計測したデータは、ASCII倶楽部に19時半ごろに掲載しています。

 通常は、ASCII倶楽部で計測した格安SIMの通信速度はASCII倶楽部会員の方だけがお読みいただけるようになっています。また、実際に格安SIMを使っているからわかったことなども、毎週末に更新しています。本当に使わないとわからないことっていっぱいあるんです、格安SIMには。

 たとえば、「格安SIMを使っていたら、データ通信制限にひっかかった。データの追加を申し込んだら、予想以上にお金がかかった」などなど。ASCII倶楽部では平日毎日通信速度を計測しているため、一時期は幾度となくデータの追加をしていました。その結果の記事がこちらです。

「1ヵ月で1万円の請求」人気格安SIMの通信速度を2ヵ月間計測してわかったこと

 ASCII倶楽部での格安SIMの連載を読めば「データ通信速度」と「実際に格安SIMを使っているからわかったこと」の2点を読めるのです! つまりは、この連載を読んでいただければ、格安SIMに関する知識を備えられますし、結果的に格安SIMにしたときに後悔する可能性が減るのです。

 これから格安SIMに乗り換えを検討している方はぜひともASCII倶楽部の連載「アスキー格安SIM通信速度比較」をチェックしてみてください。

 ASCII倶楽部の入会はこちらのページからどうぞ! 有料の会員サービスですが、入会から3日間は無料でご利用いただけます。なので、お試しがてらさらっと格安SIMの記事をお読みいただけると幸いです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!