このページの本文へ

アスキー格安SIM通信速度比較第52回

実際に使っていないと知らないことばかりでした

「1ヵ月で1万円の請求」人気格安SIMの通信速度を2ヵ月間計測してわかったこと

2018年03月24日 21時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII倶楽部では、2018年1月19日から格安SIMの通信速度を平日毎日計測しています。というのも、格安SIMは月額料金はどこも同じ。たとえば、音声通話付きSIMで、毎月のデータ通信容量が3GBのプランであれば、どの格安SIMでも1600円前後というのが相場です。では、数ある格安SIMはそれぞれ何が違うのか。ずばり「通信速度」です。

 通信速度はスマホを使ううえで無視できない要素。通信速度が遅いとネットを閲覧したり、アプリをインストールしたり、といった行為を快適に楽しめなくなります。頻繁に「格安SIMに乗り換えたら通信速度遅すぎて驚いた」という人がいますが、キャリアに比べて格安SIMの通信速度は遅いのも事実。許容できる遅さもある一方で、ネットを閲覧するだけで日が暮れるのではないか、と思うほど遅い格安SIMもありました。

 キャリアに比べて圧倒的に月額料金を抑えられる格安SIMですが、どれだけ通信速度が遅いのか、ということは不透明です。ですので、ASCII倶楽部では格安SIM12回線を平日毎日3つの時間帯で計測し、その結果を当日夜に記事にして掲載しているのです。あくまでも、ASCII倶楽部独自の計測なので、実測を保証する内容でもありませんし、場所や時間帯、計測する端末などによって通信速度は大きく左右されます。

格安SIM通信速度測定レギュレーション

調査場所:東京都千代田区飯田橋(アスキー編集部)
調査時間:12時、15時、18時
調査方法
1、速度測定には「Google スピードテスト」を使う
(グーグル検索で「スピードテスト」と検索すると利用可能)
2、各調査時間でSIMごとにそれぞれ5回ずつ計測し、中央値を算出する
本記事では各5回それぞれのデータも掲載しています
使用端末:ASUS「ZenFone Live」

ASCII倶楽部で測定している格安SIM

・IIJmio
・BIGLOBEモバイル
・OCNモバイルONE
・LINEモバイル
・mineo(ドコモ)
・mineo(au)
・DMMモバイル
・nuroモバイル
・UQ mobile
・Y! mobile
・b-mobile
・楽天モバイル

 ASCII倶楽部で格安SIMの通信速度を計測開始してから2ヵ月経過したので、この記事では実際に計測しないとわからなかったことを中心に紹介していきます。紹介するのは「データ容量の追加」「通信速度は1ヵ月ごとに変動する」「迷ってるなら格安SIMに乗り換えたほうがいい」の3つです。

実際に計測してわかったこと その1:
データ容量の追加は「割高」 1ヵ月で1万円以上請求されることも

 ASCII倶楽部での格安SIMの通信速度の計測方法は、Google検索で「スピードテスト」と調べると表示される「インターネット速度テスト」を利用しています。各時間帯で格安SIMそれぞれ5回ずつ計測し、「下り(ダウンロード)」「上り(アップロード)」の5回分の速度から平均値と中央値を算出する形式を採用しています。

Google検索で「スピードテスト」と調べると表示される。たまに表示されないこともあって焦ることも……(原因不明)。

 説明文にも記載されているように「この速度テストで通常転送するデータは40MB未満」です。一度の消費量は定かではありませんが、40MBぴったり消費していると想定しましょう。先述したように、12時、15時、18時の3つの時間帯で格安SIMごとに5回ずつ計測しています。つまり、ひとつの時間帯ごとに40MB×5回で200MB消費しています。さらにこれを3つの時間帯で計測しているため、1日あたり200MB×3回で600MBも使っていることになります。

 1ヵ月で平日は20日間あるとしても、600MB×20日で1万2000MBを消費しているわけです。GBに直すと1ヵ月あたり12GBも使っている計算です。

 実は、ASCII倶楽部で格安SIMを計測することになった当初、契約したデータ通信容量のプランは3~6GB程度のものばかりでした。何も考えず「とりあえず5GBくらいあれば1ヵ月耐えられるでしょ」という根拠のない自信から生まれた計算でした。そのおかげで、わずか数日でデータ通信容量はものの見事に残量ゼロ(=通信速度制限)。これでは格安SIMの通信速度計測は数日で企画倒れ。しかし、そんなときでもかすかな希望はあったのです。

データ通信容量が足りなければ、追加すればいいのでは?

 キャリアを契約している人でも経験がある方がいるかもしれませんが、データ通信容量がゼロになったとき、データ通信容量を追加で購入することが可能です。キャリアだと1GBあたり1000円で追加できます。データ通信容量がゼロになると、200kbps程度しか速度がでないのでネットは激遅。しかし、データ通信容量を購入さえすれば、速度は元通り。私は基本的にあまりスマホのデータ通信容量を消費しないのであまり経験はないですけど、1000円なら気軽に払ってしまいます。ところが、格安SIMでは1000円で済まされないことも……。

 格安SIMでは、キャリアと同様に「データ容量の追加購入」をすることは可能です。ですが、格安SIMごとに追加購入の料金が異なります。条件も異なるので一概には言い切れませんが、高い格安SIMだと、100MBあたり300円という価格で提供されています。「300円なら安い」と思うかもしれませんが、1GB換算で3000円です。キャリアの3倍です。

 100MBあたり300円でデータ容量を追加できるのは「BIGLOBEモバイル」。これだけだと、BIGLOBEモバイルのネガキャンになりかねないので補足しますが、「一定以上のデータ通信容量の追加購入をするくらいなら、契約しているプランを変更したほうがいい」というのが格安SIMにおける基本事項。この点、BIGLOBEモバイルは非常に親切で、データを追加購入するページにもしっかりこの文言が記載されています

BIGLOBEモバイルのデータ通信容量追加のページ

 格安SIMによって、データ通信容量の追加購入の料金は異なります。基本的には1000円前後……なのですが、1500円だったり2000円だったりする格安SIMも多いです。なので、最初に格安SIMを契約するときは「自分が使うであろうデータ通信容量を見積もってから契約する」というのをオススメします。まぁ、先述したように途中でプランを変更できるのですけどね。ちなみに、ASCII倶楽部で契約したとあるSIM(すみません忘れました)は、データを追加しまくった影響で1ヵ月間で1万円以上も請求されました

 無論、いまでは契約プランを変更したおかげで、データ通信容量を追加購入することは(ほぼ)なくなりました。よかったよかった。

実際に計測してわかったこと その2:
通信速度が速くなったり、遅くなったりするSIMがある

 格安SIMを使ううえで、最も気にする人が多いと思われる「通信速度」。このためにASCII倶楽部では通信速度を平日毎日計測しているのです。すでにご存知のとおり、キャリアに比べて格安SIMは基本的に通信速度は遅いです。とくに、12時や18時といったスマホを使う人が急増する時間帯においては、多くの格安SIMは「お世辞にも速いとは言えない」ような速度です。

 通信速度が遅くなるのは、「格安」なだけあって格安SIMの欠点のひとつでもあります。ただ、毎日計測していて気がついたことのひとつに「通信速度は日々刻々と変化するという」こと。というのも、1月に計測しているときは遅かったけど、3月になってから急に速くなった格安SIMがありました。

 如実に格安SIMの通信速度の「差」が出るのは、比較的スマホを使う人が少ないと思われる15時の時間帯。それでは今回は参考までに、1月22日(月)、2月22日(木)、3月22日(木)の3日間の15時での計測結果を見てみましょう。いずれも15時に5回ずつ計測した中央値です。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!