このページの本文へ

ASRock「Z370 Killer SLI/ac」

10フェーズ電源や無線LAN、SLIサポートの安価なZ370マザーがASRockから

2017年11月18日 23時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、Z370チップセットを搭載したNVIDIA SLIサポートのミドルレンジモデル「Z370 Killer SLI/ac」が発売された。型番末尾に“ac”が付くことから、IEEE802.11ac/a/g/b/n無線LANもサポートしている。

Z370チップセットを搭載したATXサイズでNVIDIA SLIサポートのミドルレンジモデル「Z370 Killer SLI/ac」

 「Z370 Killer SLI/ac」は、販売価格が2万1384円ながら、NVIDIA SLIのサポートや無線LANを搭載するなど、コスパに優れるASRockらしい1枚。10電源フェーズ設計やニチコン製12Kブラックコンデンサー採用のほか、第8世代Coreプロセッサー用に設計された「ROCK-SOLID VRM」により、スムーズな電力供給が可能としている。

販売価格が2万1384円ながら、NVIDIA SLIのサポートや無線LANを搭載するなど、コスパに優れるASRockらしいモデル

 そのほかDDR4メモリの性能を向上させる「ASRock Hyper DDR4 テクノロジー」や高耐久PCI Expressスロットの「PCI-E Steel Slot」を搭載。LED機能である「ASRock RGB LED」もサポートされる。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(3.0) x1×4。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4266+(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3200(OC)/2933(OC)/2800(OC)/2666/2400/2133、最大64GB)。

無駄な装飾は不要だがある程度のスペックは確保したい。そんなひとにオススメの1枚だ

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)、Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.2(intel)、サウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.0×9、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4b×1、DVI-D×1を搭載する。

 販売しているのは、パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中