このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第305回

串カツ立ち飲みがオトク!

全串100円!串カツ田中 立ち呑み店コスパMAXでお酒が進む

2017年06月09日 18時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

立ち呑みの串カツ田中は全串100円。

 串カツ田中の新業態の立ち呑み店だと通常100円~200円(税別)の串カツが全品100円(税別)。お通し代もかからないので、とても安く飲めせんべろできます。そんな夢のような串カツ田中に行ってきました。

立ち呑みの串カツ田中は有楽町線・副都心線の「要町」駅5番出口からすぐ。

厨房を囲む形でコの字型のスタンディング店になっています。

ルール。ソースは二度づけ禁止。

サービスのキャベツは食べ放題。ですが、お通し代かからないんですよ。オトク。

 こじんまりとした店内にコの字型のカウンター。お客さんはスタンディングで最大20人ぐらいでしょうか。通常の串カツ田中も大衆居酒屋の雰囲気ですが、赤ちょうちんの立ち呑み屋のようにさらに大衆的な要素が増した感じ。こじんまりとしたお店で気軽にしっぽり飲みたい時にはぴったり。

串カツは全品100円(税別)。

ドリンクもリーズナブル。

 通常の串カツ田中と違うのは、ショーケース。

ガリ〆鯖(税別290円)

ひらてん(税別230円)

甘長とうがらし煮びたし(税別190円)

 100円~290円(税別)程度の小鉢のおつまみが並んでいます。セルフサービスで好きにとってオーケー。ガリ〆鯖など、関西らしいですね。

とりあえず角ハイボール(390円)を。きゅうり漬け(1本税別100円)もショーケースからいただきました。

飲みます!

 カンパーイ! きゅうり漬けは夏祭りのような楽しい気持ちが呼び起されます。少しチープで、大衆的で楽しい。

串カツを厨房で揚げている様子が見られます。

「おまたせしました!」

……といっても厨房から直接出してくれるので手早い。

 串カツ注文しました。全品100円(税別)なので、通常だと高額の串を狙っていくのもよいでしょう。串カツ田中が好きな人ならわかりますよね。

左から、チーズ、紅ショウガ、しいたけ。

レバカツ、串カツ豚、ハムカツ、奥がアスパラ。……全部100円(税別)!

 この中だと、アスパラやチーズは、通常200円(税別)なので半額です。ただし、アスパラには通常だとつくはずのタルタルソースがつかなかったり、多少の変更はあるようです。また、私が大好きな生麩田楽は立ち呑みの串カツ田中にはありませんでした。

ソースは二度づけ禁止やで~。

串の数を会計時にカウントするのでちゃんと串立てに置きましょう。

 とはいえ、とにかく安い。串1本100円(税別)なら10本食べても1000円(税別)。それと専門店なので串カツがおいしい。衣は薄目でサクッとしているので、おつまみとしてちょうどよく、酒が進みます。ソースはサラッとしていて衣に馴染む味。これぞ串カツ田中。

2杯目は赤ワインを炭酸で割った赤玉パンチ(税別390円)にしました。色がキレイ。

 立ち呑み店にしかないメニューもありました。

こんにゃく土手焼き(税別1本100円)、牛すじ土手焼き(税別1本100円)

 通常の店舗にはない牛すじ、こんにゃく、大根の土手焼きがあります。タレがこってりしていてお酒が進みます。串カツ同様1本100円(税別)なのでこちらも気軽に頼めますね。

通常の店にもあるさいぼし(税別290円)もありました。大好き。

〆には肉吸い豆腐(税別230円)がいいですね。

 予算は1人1000円~2000円程度、ひとりで気軽に利用されるお客さんも多いし、立ち呑み店にしては珍しくグループで来客されるケースも目立つと店長さんが言っていました。より予算が手軽で、気軽に立ち寄れる串カツ田中です。ぜひ店舗が増えて欲しい!

立ち呑み串カツ田中 要町店
住所:東京都豊島区池袋3-3-2
営業時間:平日16時~23時半/土日祝15時~23時半

■関連サイト

訂正とお詫び:価格情報の誤りを訂正いたしました。(6月12日)


ナベコ

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になったので写経を体験したい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧