ASRock「X370 Taichi」、「Fatal1ty X370 Professional Gaming」、「Fatal1ty X370 Gaming K4」、「Fatal1ty AB350 Gaming K4」

【AM4マザー】人気の「Taichi」など4モデルを発売したASRock

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ販売がスタートしたRyzen。ASRockからはX370が3モデル、B350が1モデル、計4モデルのSocket AM4対応マザーボードが発売された。入荷数も少なく、いずれもショップでも3日現在ほぼ完売となっている。

深夜販売では1番人気だった「X370 Taichi」。残念ながら週末のアキバでお目にかかれる可能性は低い

「X370 Taichi」

 コストパフォーマンスとオールラウンド性をウリとする「Taichi」シリーズのSocket AM4モデルが「X370 Taichi」。16電源フェーズ設計や12Kブラックコンデンサー、外部クロックジェネレーターのHyper BCLK Engine IIを採用。ボードをカラフルに演出する「AURA RGB LED」機能もサポートされる。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2(動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

「Taichi」シリーズのSocket AM4モデル「X370 Taichi」

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Intel I211-AT)やWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth v4.2 (Intel)、サウンド(Purity Sound 4)、M.2×2、SATA3.0×10、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×10、USB 2.0×4などを装備する。

 価格は3万1838円。販売していたのは、パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

「Fatal1ty X370 Professional Gaming」

 ASRockゲーミングマザーボード「Fatal1ty」シリーズのSocket AM4モデル「Fatal1ty X370 Professional Gaming」。16電源フェーズ設計や12Kブラックコンデンサー、外部クロックジェネレーターのHyper BCLK Engine IIを採用。ボードをカラフルに演出する「AURA RGB LED」機能もサポート。さらにAQUANTIA製の5ギガビットLANをそなえるのが特徴だ。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2(動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

「X370 Taichi」に5ギガビットLANを追加したイメージのハイエンドマザー「Fatal1ty X370 Professional Gaming」

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLANはIntel「I211-AT」とAQUANTIA製の5ギガビットLAN「AQC108」を搭載。そのほか、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth v4.2 (Intel)、サウンド(Creative SoundBlaster Cinema 3)、M.2×2、SATA3.0×10、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×10、USB 2.0×4などを装備する。

 価格は3万6698円。販売していたのは、パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

「Fatal1ty X370 Gaming K4」

 ASRockゲーミングマザーボード「Fatal1ty」シリーズのSocket AM4モデルではミドルレンジクラスの「Fatal1ty X370 Gaming K4」。12電源フェーズ設計や12Kブラックコンデンサー、ボードをカラフルに演出する「AURA RGB LED」機能をサポートする。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2(動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

こちらも深夜販売では人気だった「Fatal1ty X370 Gaming K4」。価格とスペックのバランスがよく、今後も人気となりそうな1枚

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Intel「I211-AT」)やサウンド(Creative SoundBlaster Cinema 3)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×10、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×1を搭載。

 価格は2万1038円。販売していたのは、パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

「Fatal1ty AB350 Gaming K4」

 ASRockゲーミングマザーボード「Fatal1ty」シリーズのB350採用モデル「Fatal1ty AB350 Gaming K4」。9電源フェーズ設計やボードをカラフルに演出する「AURA RGB LED」機能をサポート。その他、高耐久PCI Expressスロットの「PCI-E Steel Slot」を採用する点は上記3モデルと同様。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×4。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

「Fatal1ty」シリーズのB350採用モデル「Fatal1ty AB350 Gaming K4」

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111GR)やサウンド(Creative SoundBlaster Cinema 3)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.0×8、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×1、DVI-D×1、D-Sub×1を搭載。

 価格は1万5098円。販売していたのは、パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月