このページの本文へ

シェアさせていただきます:

自分が死んでもFacebookアカウントは残っちゃうの?

2016年11月28日 11時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初心者でもわかるFacebookの使い方。困ったときに使えるテクニックを教えます。

Q. 自分が死んだらFacebookアカウントどうすれば……?
A. 管理人をあらかじめ決めておきましょう

 わたしたちはアカウントのある時代を生きています。普段からアイコンを見ているとなんとなく会っているような気になってますが、いざ誰かが亡くなったときにアカウントが普通のコメントを遺しているところを見ると茫然としてしまいます。まだアカウントは生きているのにと感じてしまうんですね。

 死後のアカウント管理をどうするか。Facebookには本人が亡くなったあとアカウントの管理をまかせる人を選べる「追悼アカウント」機能がついています。管理人は、葬儀のお知らせや特別なメッセージをタイムラインの一番上に表示したり、まだつながっていなかった家族や友達からのリクエストに対応したり、プロフィール写真やカバー写真を変更したりできます。

 追悼アカウントは、設定ページから「セキュリティ」「追悼アカウント管理人」を選択してリクエスト。逆に追悼アカウントに切り替える代わりに、死んだらFacebookアカウントを永久に削除するという選択もできます。死んでから誰かに面倒をかけるのも何だし、わたしはこっちかな……。

「設定」「セキュリティ」から追悼アカウントが設定できる

■関連サイト



盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。戦う人が好き。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン