このページの本文へ

上海問屋「18ボタン搭載USB接続ゲーミングレーザーマウス」

12個のサムボタンを搭載する安価なゲーミングマウスが上海問屋から

2016年09月27日 23時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、12個のサムボタンを搭載するゲーミングレーザーマウス「18ボタン搭載USB接続ゲーミングレーザーマウス」(型番:DN-914157)が発売された。ドスパラ秋葉原本店の上海問屋コーナーで販売中だ。

12個のサムボタンを搭載するゲーミングレーザーマウス「18ボタン搭載USB接続ゲーミングレーザーマウス」

 サイズ55(W)×135(D)×90(H)mm、重量191g(フルウェイト搭載時)の本体左サイドに12個のサムボタンを装備。専用アプリケーションを利用することで、ショートカットやマクロ設定、感度やポーリングレート、LEDライトの調整ができる。

左サイドに12個のサムボタンを装備。LEDライトのカラー設定に応じて、マウスのロゴマーク、ホイール周辺、12ボタンの色が変化する

 センサーは解像度最大8200DPIのレーザーセンサーを採用。500/1000 /1500/2000/4100/8200DPIの6段階に変更できるほか、マウス底面部には着脱可能のウェイト(1個3.4g×8)を備える。そのほか、インターフェースはUSB、ボタン数は18個、ポーリングレートは1000Hz(4段階調整可能)、最大加速度30G。

 価格は4166円(税抜)。

底面部にはキー設定切り替えボタンのほか、着脱可能のウェイト(1個3.4g×8)を備える

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ