このページの本文へ

人間工学に基づいた設計の快適な操作感

設定内容を5つまで保存できるエルゴノミクスゲーミングマウス発売

2017年06月09日 14時10分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は6月8日、エルゴノミクスデザイン採用のゲーミングマウス「DN-914725」を販売開始した。価格は1999円。

 AVAGO製の光学センサーを始め、オムロン製スイッチによる快適な操作感を備えているという。

 付属の専用ソフト(ドライバー)をインストールすると、ボタンのカスタム、12段階のDPI解像度、ポインター速度、LED、マクロの設定が可能。設定内容は5つまで保存でき、プレイするゲームに合わせて手軽に切り替えられる。特に左クリックボタン側のFireボタンは、シューティングゲームの連打設定に最適だとしている。

 最大4000DPIまで解像度を設定可能。インターフェースはUSB、最大加速度は20G、スイッチ耐久回数は1000万回、LEDはマルチカラー。サイズはおよそ幅68×奥行き130×高さ43mm、重量はおよそ130gで、ケーブルの長さは1.6m。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ