このページの本文へ

IFA 2016レポート 第6回

暗所に強いレーザーAFが追加!

Xperia XZとX Compactが正式発表! カメラ強化とUSB Type-C採用で国内登場予定

2016年09月01日 20時15分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルは、ドイツ・ベルリンで行われるIFA 2016に先駆け、同社の新型スマホ「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」を発表しました。

Xシリーズの真のハイエンド機「Xperia XZ」

 Xperia XZは、Xperia Xシリーズのハイエンド機にあたる製品。CPUはSnapdragon 820、メモリーは3GB、ストレージは32もしくは64GB。ディスプレーは5.2型フルHD解像度(1080×1920ドット)で、日本での現行機種「Xperia X Performance」と比べるとやや大きく、「Xperia Z5」に近いサイズ感になっています。

 XZはX Performanceと比べ、背面カメラが進化。背面の画素数は同じ約2300万画素ですが、新たにRGBC-IR(Red Green Blue Clear – Infrared)センサーとレーザーAFセンサーを搭載。RGBC-IRセンサーによって、より適切なホワイトバランスに自動で設定されます。加えて、レーザーAFは暗所でもすばやく焦点をあわせることができます。

 また、動画撮影機能も強化。X Performanceでは消去されていた4K解像度撮影が復活したほか、デジタル手ブレ補正「インテリジェントアクティブモード」も進化。従来までの3軸からX軸+Y軸のシフトブレを補正でき5軸での補正になり、マクロでの撮影時などに効果的です。

 そのほかにも、睡眠習慣を学習してバッテリーの充電スピードを調整し長寿命化させる「Battery Care」や、Xperiaでは初となるUSB 2.0 Type-C、Quick Charge 3.0の採用など、使い勝手も向上しています。

 カラバリはミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルーの3色。X Performanceと同様の背面はほぼメタル仕様で、神戸製鋼の「アルカレイド」を採用することで、より深みのある色に仕上がっています。

「Xperia XZ」の主なスペック
発売日 10月より順次
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 72×146×8.1mm
重量 161g
CPU Snapdragon 820(クアッドコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32もしくは64GB
外部メモリー microSDXC対応
OS Android 6.0
カメラ画素数 リア:23メガ/イン:13メガ
防水/防塵 ○/○
Qi
生体認証 指紋センサー
SIM形状 nanoSIM
バッテリー容量 2900mAh

ミドルレンジのコンパクトモデル「Xperia X Compact」

 Xperia X Compactは、その名前のとおり「Xperia X(ミドルレンジ機)の小型モデル」という位置づけ。そのため、CPUはSnapdragon 650。ディスプレーは4.6型HD解像度(720×1280ドット)、バッテリー容量は2700mAh(XZは2900mAh)と、XZに比べるとやや抑えめになっています。なお、メモリーは3GB、ストレージは32GBです。

 USB 2.0 Type-Cの採用やセンサーが追加された2300万画素背面カメラなどはXZと同等ですが、4K動画撮影は不可。また、XZが防水防じんに対応しているのに対し、X Compactは非対応となっています。

 カラーバリエーションは、ユニバースブラック、ホワイト、ミストブルーの3色。XZとは異なりプラスチック製ですが、その上に多層コーティングを施すことで陶器のような高級感を演出しています。

「Xperia X Compact」の主なスペック
発売日 9月より順次
ディスプレー 4.6型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 65×129×9.5mm
重量 135g
CPU Snapdragon 650(ヘキサコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC対応
OS Android 6.0
カメラ画素数 リア:23メガ/イン:5メガ
防水/防塵 ─/─
Qi
生体認証 指紋センサー
SIM形状 nanoSIM
バッテリー容量 2700mAh

グローバルでは9月から順次登場 日本でも期待!

 最短でもXperia XZが10月以降、X Compactが9月以降にグローバルで展開予定。日本については時期は明言されていないものの「日本市場を含めたワールドワイドで展開予定」となっているため、2016-2017冬春モデルとしての登場が期待されます。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン