このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2016レポート第25回

サムスンとLGがIFA 2016で新型湾曲液晶ディスプレーを展示

2016年09月06日 20時00分更新

文● 平澤寿康 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サムスンが量子ドット液晶パネルを採用した
湾曲液晶ゲーミングディスプレーを発表

 サムスンディスプレーが発表したのは、量子ドット(Quantum dot)技術を採用した液晶パネルを搭載する初のディスプレーだ。サムスンディスプレーはこれまで大型液晶テレビで量子ドット技術を採用した液晶パネルを採用しているが、PC向けディスプレーにも採用されることになった。

量子ドット液晶パネル採用のゲーミングディスプレー「CF791」。3440×1440ドット表示対応の34型量子ドット液晶パネルを採用し、sRGBカバー率125%の広色域表示に対応

 「CF791」は、アスペクト比21対9のウルトラワイド湾曲液晶パネルを採用するゲーミングディスプレー。液晶サイズは34型で表示解像度は3440×1440ドット。

湾曲率1500Rと、市販の湾曲液晶で最もきついカーブとなっている

左側面から見た様子。チルト角度の調節は可能だが、高さや左右の角度は調節できない

 量子ドット液晶パネルを採用し、sRGBカバー率125%の広色域表示をサポートするという。パネル方式はVAでレスポンスタイムは4msと短く、100Hzのリフレッシュレートに対応するとともに、AMDのリフレッシュレート同期技術「FreeSync」もサポート。画面の湾曲率は1500Rと、市販の湾曲液晶ディスプレーで最もきついカーブとなっている点も特徴のひとつ。映像入力端子はHDMI×2系統とDisplayPortを備える。USBハブ機能やステレオスピーカーも搭載される。

下部にステレオスピーカーを搭載

スタンドは円形

映像入力端子のカバーは外せなかったが、HDMIを2系統とDisplayPortを用意。USBハブ機能も備える

右背面にOSD操作用のジョイスティックがある

 もうひとつの新製品が「CFG70」。量子ドット液晶パネルを採用するゲーミングディスプレーで、液晶サイズは24型と27型をラインアップ。もちろん湾曲パネルとなっており、画面の湾曲率は1800R。表示解像度は24/27型モデルとも1920×1080ドット。

量子ドット液晶パネルを採用するゲーミングディスプレー「CFG70」。27型液晶で表示解像度は1080×1920ドット

こちらは「CFG70」の24型モデル。量子ドット液晶パネルの採用や、表示解像度が1080×1920ドットといった点は27型と同じ

 液晶パネルのサイズ以外の仕様は同等。「CF791」同様にsRGBカバー率125%と広色域表示が可能で、高い表示品質を誇る。パネルはVA方式。こちらもAMDのリフレッシュレート同期技術「FreeSync」をサポートするが、リフレッシュレートは「CF791」よりも高速な144Hzに対応。液晶下部にイルミネーション“ArenaLighting”を備えるなど、よりゲーミング向けの製品に仕上がっている。

液晶パネルの湾曲率は24/27型とも1800R

下部にイルミネーション機能「ArenaLighting」を備える

 液晶面の高さやチルト角、左右の向きを自在に変更できる新仕様のモニターアームを採用する点も特徴のひとつ。快適なゲーミング環境を自在に整えられる。映像入力端子はHDMI×2系統とDisplayPortを備える。

2軸のヒンジを備えるモニターアームを採用し、高さやチルト角、左右の角度を自在に調整可能

映像入力端子はHDMIを2系統とDisplayPortを備える

こちらも右背面にOSD操作用ジョイスティックがある

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン