このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第229回

iPhone標準ブラウザー「Safari」の超便利な小技+裏技の6コンボ

2016年07月27日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの標準ブラウザーアプリ「Safari」。多くの人が迷わず使っていることと思うが、意外な操作で実現できる小技・裏技が多数存在している。今回は、その中から普段使いで覚えておきたい小技&裏技を6セット紹介したい。

小技・裏技を覚えてSafariを使い倒そう

コンボ1■閉じたタブを再表示させる

 右下のアイコンをタップし、タブの切り替え画面にしてウェブページのサムネイルをスライドするとタブを閉じることができる。しかし、調子に乗って閉じていたら、間違ってまだ使うページを消してしまったということも多い。そんな時は、もう一度Googleで検索し直すことになる。

小技1:履歴を辿って再表示させる

 閲覧した情報は履歴に残っている。ブックマークアイコンをタップし、「ブック-マーク」タブの「履歴」をタップし、消してしまったページをタップすればいい。

メニューバーのタブアイコンをタップする不要なサイトの×をタップするかスライドすると閉じることができる
誤って閉じてしまったウェブページを復活させるなら、履歴を開く履歴から再表示したい項目をタップする

裏技1:+を長押しする

 タブの切り替え画面で、新規タブを追加する「+」アイコンを長押しすると「最近閉じたタブ」が一覧表示され、簡単に再表示できる。

メニューバーのタブアイコンをタップする「+」を長押しする「最近閉じたタブ」が開くので簡単に復活できる

コンボ2■ページ内をキーワード検索する

小技2:キーワードをハイライト表示する

 Googleでキーワード検索して開いても、長いページだとどこに目当ての情報があるかわかりにくい。そんな時は、もう一度キーワード検索を行ない、一番下の「このページ」に表示されている「"○○"を検索」をタップする。すると、検索キーワードがハイライト表示されるのですぐにわかる。ほかのページで探すなら、もう一度キーワード検索すればいい。

いつもと同じようにキーワードを入力したら、一番下の「このページ」をタップするキーワード検索ができた
共有メニューを開き、「ページを検索」をタップしてもいいキーボードに入力フォームが現れるキーワード検索が可能。キーワードは黄色くハイライト表示されるのですぐにわかる

裏技2:複数タブからキーワードを含むサイトを検索する

 タブで開いている複数のウェブサイトからまとめてキーワード検索するなら、iPhoneを横にする。画面の自動回転をオフにしている人は、オンにしておこう。続いて、タブ切り替え画面を開くと、左上のキーワード入力フォームが現れる。ここの入力すると、その文字列を含むウェブページのみが表示されるのだ。サムネイルをタップすると、そのページが開く。ただし、キーワードがハイライトされていないので、情報が見つからない場合は小技も併用しよう。

iPhoneの自動回転ロックを解除する
画面を横にしてタブアイコンをタップする
タブ切り替え画面が開く
キーワードを入力すると、タブが絞り込まれる。サムネイルをタップすると、そのウェブページが表示される

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン