このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第230回

今更聞けないBluetoothヘッドセットの使い方を覚えてハンズフリー通話を活用する技

2016年07月31日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホとBluetoothで接続し、ハンズフリートークができる製品は昔から発売されている。必要な人はすでに手に入れて活用していることと思うが、使ったことがない人もまだまだ多いはず。今回は、Bluetoothヘッドセットやハンズフリーキットを利用して、スマホを持たずに通話する技を紹介しよう。

Bluetoothヘッドセットがあれば、電話が来ても作業を中断せずに済む! 電話でうーんと悩んでいたら、切るカードを考えているのかも

自分のオフィスや自宅、歩きながら利用したいならBluetoothヘッドセット

 Bluetoothヘッドセットとは、スマホやPCとBluetoothで接続し、ヘッドセットから音声を再生したり、内蔵マイクで音声を入力したりできるデバイスだ。以前からある製品だが、一度も触れたことがない、という人も多いのではないだろうか。しかし、Bluetoothヘッドセットはとても便利なので、通常の電話やLINE電話などのIP電話で話すことが多いなら、一度はチェックしておこう。

 ヘッドセットは常に装着しておき、電話の着信があったら本体のスイッチを押すだけで会話を始められる。片耳タイプと両耳タイプがあり、連続待受時間や音楽再生、防水機能といったスペックなどで価格が異なる。

 今回は、サンワサプライの「Bluetoothモノラルヘッドセット(400-BTMH002GD)」を使って、活用法を紹介しよう。「400-BTMH002GD」はアルミボディーで、色はゴールドをチョイス。価格は3480円とお手頃だ。本体は幅8×奥行き10×高さ60mmで、重量は10gと軽く、装着していても負担にならない。通信距離は10mなので、スマホを置いて部屋を出たりすると厳しいかも。バッテリーを内蔵しており、スタンバイ180時間、通話は最大7時間となる。充電はmicroUSBケーブルで2時間程度。対応プロファイルはHSP(ヘッドセット)とHFP(ハンズフリー)に加えてA2DP(オーディオ)に対応している。A2DP対応なので、音楽を楽しむこともできるのだ。

 接続は簡単。MFBボタンを7秒間長押しするとペアリング状態になるので、スマホからBluetoothで接続すればいい。デバイス名は「400-BTMH002」だ。

Bluetoothモノラルヘッドセット「400-BTMH002GD」(サンワサプライ)。価格は3480円
充電は付属のmicroUSBケーブルで
イヤーピースはSサイズとLサイズが同梱。透明のイヤーフックは共通だ
MFBボタンを7秒間長押しするとペアリングモードになる
スマホのBluetoothをオンにする「400-BTMH002」をタップして接続する。パスキーが必要な場合は「0000」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン