このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第338回

格段に進化したiOS 15! イチオシの新機能10を一挙紹介

2021年10月29日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 13シリーズの登場に合わせてiOS 15がリリースされた。AppleのウェブサイトにはiOS 15で利用できる新機能というページが用意されているのだが、そこに記載されている項目数はなんと243。今回はこの中から、ユーザー体験が大きく変化した10機能を紹介する。

 iOS 15の対応機種はiPhone 13シリーズはもちろん、古くはiPhone 6sシリーズまでと幅広い。iPhone SEの第1~2世代やiPod touchの第7世代もサポートする。

 設定から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を開き、画面下部の「iOS 15にアップグレード」をタップ。画面の指示に従って操作すればいい。現在はバグ対処で何度かバージョンアップし、iOS 15.1がリリースされている。

iOS 15の新機能 その1
機能追加に加えて大きくUIが変化したSafari

 まず大きく強化されたのがブラウザーアプリの「Safari」だ。URLなどが表示されているタブバーが画面下部に表示されるようになった。他にもページの上から下に引っ張ることでウェブページを更新したり、音声検索ができるようになっている。

 複数のタブをグループ化して切り替えられるようになったのも見逃せない。たとえば、「ITニュース系」「SNS系」「アニメ情報系」のように複数のウェブページを登録しておけば、再検索しなくても手軽に閲覧できる。タブグループは同期できるので、他のiOS端末でも同じように利用可能だ。

タブバーが下に表示された

タブグループを作成できる

いつでもタブグループを切り替えられる

 Safariで「拡張機能」が利用できるようになった。以前から連携アプリはあったが、拡張機能としてまとめられるのだ。同時に、App Storeで専用のカテゴリーが用意され、手軽にインストールできる。

 現在は広告ブロッカーやパスワード管理アプリ、ジェスチャー操作アプリなどが対応している。今後、ラインナップが増えることを期待したい。

App Storeから拡張機能をダウンロードできる

iOS 15の新機能 その2
アプリ間でドラッグ&ドロップできるようになった

 アプリ間でデータをドラッグ&ドロップできるようになったのもポイントだ。文字列や画像などの対象を長押しし、動かせるようになったら、アプリを切り替え、貼り付けたい場所で指を離せばいい。片手操作では難しいが、両手を使えば簡単にできる。

 たとえば、Safariで検索した情報をLINEに貼り付けたり、撮影した写真をメモ帳に挿入したりできる。

文字列を選択して長押しする

目当てのアプリにドロップすると貼り付けられる

画像もドラッグ&ドロップできる

画像を貼り付けられた

iOS 15の新機能 その3
撮影した画像の文字を読取って翻訳できるようになった

 カメラで撮影した画像内に写っている文字を認識し、翻訳してくれる機能が追加された。まだ日本語には対応していないが、機能を利用することは可能。「設定」の「一般」から「言語と地域」を開き、「テキスト認識表示」をオンにする。

 現在は、英語や中国語、イタリア語、スペイン語などに対応していると確認ダイアログが開くので、「オンにする」をタップすればいい。

まずは「テキスト認識表示」をオンにする

画像内のテキストを選択できるようになる。ポップアップメニューから「翻訳」をタップ

画像内の文章を翻訳できた

iOS 15の新機能 その4
AndroidやWindowsユーザーともFaceTime通話が可能に

 FaceTimeが大きく強化された。リンクを作成してそのURLを相手に送り、ブラウザーでアクセスしてもらえばいい。マイクやカメラへのアクセスを許可し、自分の名前を入力すれば、すぐにビデオ通話に参加できる。Apple IDなどのアカウントを作成したり、ログインする必要がないのは便利だ。

 通話中にマイクのミュートをオン・オフするとサウンドで教えてくれるのもありがたい。意図せずに画面に触れて音が通じていないのに喋り続けるとか、実はミュートにして家族と話しているつもりなのに筒抜けだった、というトラブルを回避できる。

「リンクを作成」をタップし、共有する

手軽に通話できる。マイクをオンオフする度に通知音がなるのも便利だ

iOS端末以外とも通話できるようになった。画面はAndroidスマホ

iOS 15の新機能 その5
ホーム画面の順番を変えたり削除できるようになった

 ホーム画面のカスタマイズがさらに便利になった。ページスイッチャーを長押しすると、アプリやフォルダの移動や削除ができるようになる。この状態からさらにページスイッチャーをタップするとホーム画面のサムネイル一覧が表示される。この画面で、ホーム画面をドラッグして移動できるようになった。さらには、チェックを外して非表示にしているホーム画面を、左上の「-」アイコンをタップして削除することもできる。

ページスイッチャーを長押しする

ホーム画面の異動や削除ができるようになった

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中