このページの本文へ

盛田 諒の「アスキー家電部」第15回

男子のハートに火をつけろ《男前家電》

日立の掃除機「ペットボトル持ちあげます」静かなのに吸引力強すぎ

2016年07月13日 11時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)/アスキー清掃士

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ABOUT THIS ARTICLE

家事好き男子・盛田 諒の注目家電レポート。技術、特長、カッコよさ、男子心を刺激する《男前》を感じた家電を紹介します。

 日立アプライアンスの最新掃除機試用レポート。7月23日発売の「パワーブーストサイクロン」(CV-SD900)は業界最小運転音54dBながら吸込仕事率440Wというハイパワーのサイクロン式掃除機だ。価格は9万7200円前後。

 とにかくパワーにこだわる潔さが男前だ。ちなみに吸込仕事率680Wのキャニスター式掃除機「CV-PD30」というものもある。価格は5万9400円前後。

 吸込仕事率とは掃除機が空気を吸い込む力をあらわす単位のこと。440Wはサイクロン式掃除機の中ではかなり強力。日立は2kgの砂が入ったペットボトルを持ちあげて見せた。意味はよくわからないが強力であることは伝わってきた。

「パワーブーストサイクロン」(CV-SD900)

 ごみをかき集める効率を左右するヘッドも変わった。

 日立の得意技は、ヘッド上部から空気を取り入れ、床にふきつけながらごみと一緒に吸い込む「ジェット吸引」。いままでは壁際に弱いという弱点があったが、「きわぴた構造」という機構をとりいれ、壁際のごみも吸えるようにした。

 ヘッドは自走機能があり、軽い力で掃除ができる。空気を吹きつけるジェット吸引には、ヘッドがカーペットなどに貼りつきづらいという効果もある。ちなみに空気の吹きつけ穴は昨年の2ヵ所から4ヵ所に倍増しているそうだ。

空気を床にふきつけながらごみと一緒に吸い込む「ジェット吸引ヘッド」
今回は壁際の掃除にも強い「きわぴた構造」機構を取り入れた

 ごみの捨てやすさも工夫されている。

 「ごみ捨てボタン」を押すとダストケースのフタが開き、黄色いキャップが下がってごみが落ちる。また今までサイクロン内筒部分に糸くずなどがからんでしまうことがあったが、今回は内筒だけとりはずせるようになった。フィルターも掃除しやすい機構にあらためた。なおダストケースにフィルターがあるのは日立だけ。

ゴミ捨てはボタンワンタッチ
内筒にからんだ糸くずは簡単に抜けるようにした

 あらためて掃除機を選ぶときの基準には、掃除機がごみを吸い込む力をあらわす吸込仕事率、ごみをかきだして吸いこむヘッドの性能、ごみの捨てやすさ、使い勝手のよさ、収納・とりまわしの利便性といった項目がある。

 キャニスター式(紙パック式)の場合、ごみがいっぱいになってくるにつれて吸引力が落ちてくるため、吸込仕事率はあらかじめ高いものを選んでおくことで吸引力が落ちても安心だという概念があった。一方、ダイソンをはじめとするサイクロン式の掃除機はごみを遠心分離させ、目づまりを起こさせないために吸引力が落ちづらい。そのため吸込仕事率は低くてもいいという考えになった。

 しかしそうは言ってもハイパワーの魅力は強い。国産キャニスター式掃除機の強力な吸引力に慣れていた利用者ならとくに、どうせならサイクロン式も強力な1台を選びたいという思考はあるはず。パワー系清掃士のみなさまにおすすめ。





盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。戦う人が好き。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中。トレンド解説コラム「トレンドPicks」ASCII倶楽部で好評連載中!

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン