このページの本文へ

NVIDIAの新ミドルクラスは7/19発売で249ドルから

GTX 980に比肩する性能?Pascal世代の新ミドルクラス「GeForce GTX 1060」発表

2016年07月07日 22時00分更新

文● ジサトラアキラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Pascal世代の新GPU「GeForce GTX 1060」

 NVIDIAは日本時間7月7日22時、GeForce GTX 1080/1070に続くPascal世代の新GPU「GeForce GTX 1060」を発表した。

 希望小売価格は、AICカスタムボードが249ドル、www.nvidia.comのみで販売予定のFounders Editionが299ドルとなっている。日本での販売開始は7月19日22:00以降。

↑裏面を見るとショート基板なことが確認できる。ミニITXケースにも入るショートモデルの登場に期待だ。

↑電源コーナーはGTX 960と同じく6ピンが1基で、増設のハードルが低い。

↑出力ポートはGTX 1070と同じ構成で、DisplayPort 1.4が3基、HDMI2.0Bが1基、Duallink DVIが1基。

↑GTX 1060にはSLI接続用の端子がない。NVIDIAに確認したところ、GTX 960ではSLIをサポートしていたが、GTX 1060ではないとのこと。SLIするくらいならハイエンドのGTX 1080をシングルで使用したほうが賢明なのかもしれない。

↑GTX 1070よりもボード長は短く、ハウジングも樹脂製の部分が多い。後部フィンの形状が異なるが、ファン自体の構造は外見からは同じように見える。

↑「GTX 1060 Founders Edition」のレビュー用機材を入手。

 これまで“60”番台はミドルクラスの鉄板GPUとして登場してきたが、前世代のMaxwellではハイエンドだった、「GTX 980の性能をもつ」のだという。

 詳細スペックと、ベンチマークによるGTX 980との性能差はまだ明らかになっていない。今回発表されたスペックを見ると、性能の要となるストリーミングプロセッサ数=CUDA Core数は、GTX 980の2048基に対し、GTX 1060は1280基となっており、優位性は見られない。

 ミドルクラスのビデオメモリーが6GBに到達したのは嬉しいところ。コアクロックの高さや、製造プロセスルールの微細化による影響がどこまであるのかが見物だ。なお、GTX 1080/1070は共にGP104(Pascal)だったが、GTX 1060は新しくGP106(Pascal)アーキテクチャーを採用している。

 また、GTX 1080発表時に注目を浴びた“神スクショ機能”ことAnselだが、「The Witcher 3 WildHunt」と「Mirror's Edge Catalyst」の2タイトルが、いよいよ7月中に使用できるようになることも発表された。

 発表資料は既発表のVR関連技術から始まっており、多くのVR HMDが推奨GPUスペックとしているGTX 970以上のパフォーマンスをもつであろう、GTX 1060はVR用としても最適であることをアピールしている。

 VR環境のパフォーマンス向上のカギとなる「サイマルテニアスマルチプロジェクション(SIMALTANEOUS MULTI-PROJECTION)」に対応する、「EVEREST VR」など現在30以上のタイトルが開発中とのこと。この技術は、本来球形に近いVR映像に対して、従来四角形に出力されてきた映像を角度をつけることで球形に近づける技術だ。

 7月後半にはNVIDIA謹製のゲーム「VR FUN HOUSE」が、Steam上で無料で公開される予定だ。

日本での価格は3万円台後半?

 冒頭で述べたように、今回は2つの価格を発表している。

 249ドルとなっているAIC(Add In Cards)カスタムボードとは、カードベンダーの各社からリリースされる製品のこと。OCモデルやオリジナルファン搭載モデルがメインになりそうだ。299ドルのFounders Editionを含めると、今日現在のレート計算すると2万5000円~3万円前後になる。

 前モデルのミドルクラス、GTX 960発表時の市場想定価格は199ドル(当時2万4000円前後)で、発売開始時で実売2万9000円~3万4000円前後(税込)だった。

 そして、Pascal世代の兄貴分たちの価格だが、発表時599ドルとなっていたGTX 1080 Founders Editionが、発売開始時は10万2000円前後(税込)。449ドルとなっていたGTX 1070 Founders Editionは、6万3000円前後(税込)。

 製品のポジションを明確にするためにはある程度価格差は付けてくるはずだが、GTX 1060は3万5000円~4万円台ではないだろうか。

 旧世代のハイエンドGPU、GTX 980並みの速度が真実ならば間違いなく買いの製品。ベンチマーク性能はASCII.jp上で追って紹介する。

関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中