このページの本文へ

小型PCへの組み込みにも最適な省スペースモデル

全長210mmのGTX 1070搭載ZOTAC製ビデオカード

2016年09月21日 14時21分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスクは9月21日、NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1070」を搭載するZOTAC製ビデオカード「ZOTAC GeForce GTX 1070 Mini」を発表した。9月23日に発売予定で、価格は5万3784円。

 ZOTAC GeForce GTX 1070 Miniは、VR環境をはじめ超高解像度モニターやマルチモニター環境において高いゲーミングパフォーマンスを発揮するという。デュアルファンモデルながらコンパクトなボードサイズを実現。およそ全長210mmで、小型PCへの組み込みにも最適なモデルだとしている。

 DisplayPort×3、HDMI端子、DVI-D端子による4画面出力をサポートするほか、SLI HBブリッジを使用することでSLIインターフェースの帯域幅を改善する「デュアルリンク SLI」に対応。さらに、ゲームキャプチャーツール「Ansel」、ディスプレー同期技術である「G-SYNC」、リアルな映像を提供する「GameWorks」などをサポートし、ゲーミング環境に必要な機能を備えている。

 ZOTACオリジナルのオーバークロックツール「FIRESTORM」を付属。分かりやすいインターフェースで、簡単にクロック調整、ファンコントロール、GPUのモニタリングのほか、設定プロファイルの管理を行なうことが可能だという。

 主な仕様は、メモリーは8GB GDDR5、コアベースクロックは1518MHz、ブーストクロックは1708MHz、メモリークロックは8000MHz、消費電力は150W。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中