このページの本文へ

最新製品が勢揃いした「Interop Tokyo 2016」展示会 第6回

ワイヤレス+セキュリティのメリットを訴求

買収したメルー製品とUTM搭載APで攻めるフォーティネット

2016年06月14日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週行なわれたネットワークの祭典「Interop Tokyo 2016」のフォーティネットブースで一押しされていたのが、幅広いラインナップを誇る無線LAN製品群だ。

 近年、フォーティネットはワイヤレスソリューションに注力しており、UTMアプライアンスであるFortiGateとFortiAPを組み合わせた「統合型」のほか、昨年の7月に買収したメルー・ネットワークス製品をベースにした「インフラ型」、そしてクラウドでの管理を可能にした「クラウド型」など、さまざまな「セキュリティアクセスアーキテクチャ」を提供している。エンタープライズワイヤレスの老舗であるメルー製品も、セキュリティと統合されたネットワークインフラとして提供できるようになり、文教系の案件を中心に導入が増えているという。

 このうち特にアピールされていたのが、UTM(Unified Threat Management)機能を搭載したスマートAP「FortiAP S321C」で、Best of Show Awardの<モバイル&ワイヤレス部門>の準グランプリにも輝いた。APでセキュリティ機能を搭載しているのに加え、クラウド型の一元管理が可能になっている点が評価された。

UTM機能を搭載したFortiAP-S321C

 会場では4×4 MIMOのアンテナを搭載し、最大1.7Gbpsのスループットを誇るIEEE802.11ac(WAVE2)対応の「FortiAP S421E」も参考出品されており、ラインナップはますます拡充される予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ