このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第45回

ノートPCをもりっと冷やす! グリーンハウスのボックス型吸気クーラー

2016年05月24日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
グリーハウス「GH-PCFC1-BK」

グリーハウス「GH-PCFC1-BK」

 夏が近い。自作PCファンにおいては「今年は空冷? 水冷? それとも油冷?」といった楽しい考え事のシーズン到来になるが、ノートPCユーザーの場合は、単純に熱対策を考えるシーズンではないだろうか。

 とりわけ、少し古い製品の場合は、ファンの性能の低下や、分解清掃をしないと除去できないホコリにより、購入当初よりも冷却性能が落ちている可能性もある。

 というわけで、今回はノートの吸気口を拡張する的なアイテムであるグリーンハウスのノートPCクーラー吸気型「GH-PCFC1-BK」(実売価格 2300円前後)をチェックしてみよう。

USB駆動のボックス型ノートPCクーラー

本体。つまみはスイッチ兼回転数制御となっている

本体。つまみはスイッチ兼回転数制御となっている

 GH-PCFC1-BKは、ノートPC側面にある排気口に取り付けるタイプのクーラーだ。そのため、MacBook Proなどヒンジ部に排気口があるタイプのノートPCや、そもそもファンレスタイプのノートPCには非対応となっている。

 本体は、幅90×奥行き125×高さ38mmで、ノートPCサイドに取り付けた場合、意外と横に伸びる形になるため、設置スペースを見直す必要があるだろう。

 取り付け方法は、付属の固定台を本体底部に取り付け、4種類のシリコンアダプターの中から、取り付け先のノートPCの排気口にあったものを選ぶ。それからノートPCの排気口にしっかりと接触させるだけだ。電源はUSBを採用しており、電源確保用のUSBケーブルも付属している。

固定台を取り付け、アダプターもセットした状態。また右写真は付属するアダプター4種で、サイズがそれぞれ異なる

 操作に関しては本体にある電源つまみを回すことで、ファンが回転をはじめる。無段階調整に対応しており、最大回転数は3000rpm前後だ。

 当然ながらファンの駆動音はするのだが、ある程度騒音のある環境下、たとえばオフィスなどでは気になりにくいので、この点は設置環境で判断してほしい。

電源はUSB

電源はUSB端子から取得する

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン